« ご近所グルメ 浅草《いさりび》岩牡蛎はいかが | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》【新子】だけ食べた »

ご近所グルメ 浅草《浜新》【稲庭うどん】がうまい!!

 「日本三大うどん」があるそうだ。讃岐(さぬき、香川)、稲庭(いなにわ、秋田)そして水沢(みずさわ、群馬)のことだ。さすがにこの三種類、どれを食べてもうまい。うどんは共通して「小麦粉」と「水」と「塩」でつくられる。それぞれに独特の味わいがある。とくに「稲庭うどん」は、ツルツルした“舌ざわり”と“のどごし”のよさは、ナンバー1だと思う。

 稲庭うどんの二大ブランドに、「佐藤養助商店」と「寛文五年堂」がある。後者の五年堂のうどんを出す店が、浅草にある。新仲見世と観音通りが交差するあたりだ。平たくいうと、居酒屋、和食の店《浜新》だ。ランチタイムに入ってみた。

Vfsh0209 Vfsh0206

 「もりうどん」750円を注文。麺のゆで時間は、3分ほど。ささっと冷水に浸す。ザルに盛られて登場。昆布とかつおだしのつゆに薬味の刻みねぎとわさびだ。水々しい。最高ののどごしだ。つゆにもぴったり合う。大変うまい。しかし、量が少ない。残念。「寛文五年堂」製では仕方がないが、これじゃ、ボリューム不足で、胃袋が納得しない。

Vfsh0207 Vfsh0208

■浜新

東京都台東区浅草1-1-10

(銀座線

浅草駅

徒歩2分)

TEL03(3844)0625

■営業時間/11:3015:00 17:0023:30(土日祝日は20:00頃まで)不定休

※ちなみに「佐藤養助商店」と「寛文五年堂」の東京店は、双方とも銀座にある。もちろん高い。稲庭では、江戸時代の寛永五年(1665)頃から製造が始まったようだ。

(下、寛文五年堂さん提供)

Photo

|

« ご近所グルメ 浅草《いさりび》岩牡蛎はいかが | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》【新子】だけ食べた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん いなにわうどんruneye美味そうです。おいらも大好きです。銀座の寛文五年堂は うどん屋と言うより料亭値段です。食べた事が有りますが お昼のうどん定食で2000円以上だった記憶が有ります。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2009年8月 8日 (土) 16時10分

通りすがりさんbeer
コメントありがとうございます。
私は、まだ銀座のお店には行ったことがありません。調べてみると、確かに高いようですね。

 うどんは、もっと大衆的お値段に・・・といったところですが、何しろ銀座じゃ、仕方がないですね。

投稿: もりたたろべえ | 2009年8月13日 (木) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所グルメ 浅草《いさりび》岩牡蛎はいかが | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》【新子】だけ食べた »