« ご近所グルメ 浅草《いさりび》【新子】だけ食べた | トップページ | ご近所散歩 浮世絵の浅草《金龍山二王門之図》玉川舟調 »

ご近所散歩 浮世絵の浅草《浅草雷門前・亀屋》広重

Photo_2 

 江戸時代、広重(1797~1858)は、当時の人気観光地・浅草を題材にした浮世絵を20点近く描いたという。雷門前の風景だが、有名な料亭「亀屋(かめや)」があった。現在は、和風小物や浮世絵を売る老舗「黒田屋本店」、隣は天ぷらの「三定」である。

Vfsh0219 Vfsh0220

 雷門をくぐり、浅草寺本堂に向かうのは、仲見世。日本最古のショッピング・アーケードだ。江戸時代にももちろんあった。

Vfsh0221

いまは仲見世にも移動式の屋根がある。夏でも涼しい。

 出展は「江戸 高名会亭尽 浅草雷門前・亀屋」である。当時の江戸の有名料亭を描いたものの一つといわれている。

|

« ご近所グルメ 浅草《いさりび》【新子】だけ食べた | トップページ | ご近所散歩 浮世絵の浅草《金龍山二王門之図》玉川舟調 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所グルメ 浅草《いさりび》【新子】だけ食べた | トップページ | ご近所散歩 浮世絵の浅草《金龍山二王門之図》玉川舟調 »