« ご近所グルメ 浅草《いさりび》秋の握り | トップページ | 【にっぽん 海外交流史】《遣米使節団》の滞在ホテルその2 »

【にっぽん 海外交流史】《遣米使節団》の滞在ホテルその1

 アメリカ、ワシントンでの日米修好条約の批准と現地事情を視察する目的で、幕末の安政七年(1860)、日本初の公式な外交使節団が、アメリカ船「ポーハタン号」に乗船して派遣された。世にいう《遣米使節団(けんべいしせつだん)》だが、派遣中の3月に年号が(安政から万延に)かわったため、「万延の使節団」とも呼ばれている。実はこの使節団には同時に護衛船「咸臨丸」が同行した。勝海舟、福沢諭吉、ジョン万次郎といった有名人が乗っていたため、彼らは遣米使節ではなかったが、本体の使節団より話題性があったようで、歴史に残っている。幕末の外交史上では、本来の《遣米使節団》の歴史的意義をもう少し取り上げてほしいところである。

 安政七年1月22日(1860年2月13日)、横浜港を出発した使節一行は、ハワイ(ホノルル)を経由して、アメリカ・サンフランシスコに到着。その後、パナマを経由で再びアメリカ・ワシントンに到着した。(5月15日)ワシントンでは、当時のブキャナン大統領に謁見、条約の批准書を渡した。

 日本側の使節団は、合計77名。メンバーのナンバー3は、以下のとおりだ。

Photo_2

正使:外国奉行兼神奈川奉行・新見豊前守正興(しんみぶぜんのかみまさおき)

副使:箱館奉行兼外国奉行兼神奈川奉行・村垣淡路守範正(むらがきあわじのかみのりまさ)

監察:目付役・小栗豊後守忠順(おぐりぶんごのかみただまさ・後の小栗上野介おぐりこうずけのすけ)※イラスト:左)村垣、中)新見、右)小栗

 使節団はワシントンに25日間滞在したが、その当時の宿泊先が《ウィラーズ・ホテル》であった。いまから150年も前の話だが、現在でも5星の最高級ホテルとして残っている。いまはウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン(Willard Inter Continental Washington)という。ホワイトハウスにも近い。

Photo_3

 《ウィラーズ・ホテル》は、1850年開業だが現在の12階建ての建物としては、1904年創業になっている。1968年には営業を停止し、1986年に再開、2000年にリューアル・オープンしている。多くの国賓やVIPが宿泊したことで知られている。2008年には金融サミットがおこなわれ、麻生総理も滞在している。現在の部屋数332、そのうちスィートルームは40部屋である。

Photo_4

 幕末の《遣米使節団》一行を迎えたことが、150年のこのホテルの輝かしい歴史の中でいまも語り継げられている。

      The first Japanese delegation to visit the United States stayed at the Willard in 1860. Three ambassadors and their entourage of 74, traveled to Washington to sign the first trade and friendship treaties between the two countries. One of the delegates wrote, “The house of the Secretary of State is not as fine as the hotel.”

      日本で最初のアメリカ合衆国への使節団一行は、1860年ウィラード・ホテルに滞在した。3名の大使(新見・村垣・小栗)と従者たち74名は、日米修好通商条約の批准のためにワシントンへやってきた。一行の一人は、「どんな大名やお殿様の屋敷より、このホテルはすばらしい」と書き残している。

(参考:宮永孝『万延元年のアメリカ報告』新潮社、服部逸郎『77人の侍アメリカへ行く(万延元年遣米使節の記録)』講談社、イラストも2冊から)

H Was

|

« ご近所グルメ 浅草《いさりび》秋の握り | トップページ | 【にっぽん 海外交流史】《遣米使節団》の滞在ホテルその2 »

にっぽん海外交流史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所グルメ 浅草《いさりび》秋の握り | トップページ | 【にっぽん 海外交流史】《遣米使節団》の滞在ホテルその2 »