« 《神谷バー》車内広告「夫婦喧嘩のルール」 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》「牡蠣(かき)の握り」 »

《山手線》命名百周年記念ラッピング車両

 《山手線》と命名されたのは、明治42年(1909)10月12日だそうだ。これを記念してJR東日本では、当時の車両の色を復刻した車両、つまりチョコレート・カラ-の1編成を走らせている。期間限定で2009年9月7日から12月4日までだ。

 毎日のように《山手線》に乗っているが、偶然にもこれに乗り合わせることができた。スポンサーは明治製菓(明治チョコレート)だ。

 確かにこどもの頃、山手線は茶色だった。床が木製でドア付近の車内には、金属の柱(ポール)があったと記憶している。しかも「網棚(あみだな)」は、文字どおり太い糸で編んだものだった。この車両は「72系」といい、当時も国鉄の通勤車両のスタンダード型であったそうだ。

 「100年の歴史に乗りませんか」のコピーがあるポスターも興味深いが、駅のホームのチョコレートの横版ポスターも目を引く。こんな風な“遊び心”は、大歓迎である。

Vfsh0542

Vfsh539 Vfsh538

Vfsh0356_edited

|

« 《神谷バー》車内広告「夫婦喧嘩のルール」 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》「牡蠣(かき)の握り」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

んー(笑)東京はやはりいいですね観たいなぁ羨ましい!

投稿: いっくん | 2009年10月22日 (木) 19時24分

いっくんtrain
毎日のように山手線に乗っていても、やっと乗れたのです。1編成しか走っていません。奇跡的でした。

投稿: もりたたろべえ | 2009年10月22日 (木) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《神谷バー》車内広告「夫婦喧嘩のルール」 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》「牡蠣(かき)の握り」 »