« ご近所グルメ 浅草≪いさりび≫の10月 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》目光の一夜干し »

菓子屋の陰謀?《ハロウィン》ばっかり

 10月31日が《ハロウィン》である。もともとはケルト人の宗教的な習慣で、秋の収穫を祝い、あわせて亡くなった家族や知人たちを思い出す宗教的な行事である。ケルト文化は、アングロサクソン民族に受け継がれているため、アメリカなどでは、クリスマスに継ぐイベントでもある。

0481 0482

 こどもたちが、『お菓子をちょうだい。くれなきゃ、いたずらするよ』(Trick or Treat)という合言葉でホラーチックな仮装をして町々の家を訪ねる。ハワイに住んでいた頃、目にしたのだが、驚くべきことに《ハロウィン》の日には、銀行や空港のカウンターの(大人の)職員も仮装をする。日本でいえばお盆のようなものなのかもしれない。

0490 0491

 しかし、収穫感謝祭のトレードマーク、オレンジのかぼちゃ(パンプキン)を模したお菓子が、このところ日本でも出回っている。意味もわからず、文化の説明もすることなくブームをつくろうとしている。これは問題だと思うのだが、いかがなものか。

Photo

(イラスト:たろべえ)

|

« ご近所グルメ 浅草≪いさりび≫の10月 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》目光の一夜干し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハロウィンと云えば…隣街の小学生が育てた大きさ色々なオレンジ色カボチャが農産物直売センターの道側に飾られてます!風大丈夫だったかな? 2.30ヶはあっかな(笑)

投稿: いっくん | 2009年10月 9日 (金) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所グルメ 浅草≪いさりび≫の10月 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》目光の一夜干し »