« ご近所散歩 ちょいと浅草《浅草 大沢屋》の「豆蔵くん」 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》晩秋から冬の握り »

《塩瀬総本家》のうまい「志ほせ饅頭」

 久しぶりにうまい一口饅頭(まんじゅう)に出会った。《塩瀬総本家》の「志ほせ饅頭」である。すった「やまいも」に上新粉(米粉)と砂糖を加えて、練り上がった皮で餡子(こしあん)を包み、蒸しあげたものだ。実に食べやすい。

 《塩瀬総本家》は、なんと660年前の1349年(貞和五年)創業というから驚きである。奈良で始まり、江戸開府と共に江戸に移り、明治初年から宮内庁御用達になったそうだ。

Vfsh0738

 和菓子は、世界に誇る日本の食文化であると思う。なぜか熱いお茶を飲みながら、饅頭を一個味わう。ほっとする瞬間だ。

    御菓子老舗 塩瀬総本家

    東京都中央区明石町7-14

Vfsh0737

|

« ご近所散歩 ちょいと浅草《浅草 大沢屋》の「豆蔵くん」 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》晩秋から冬の握り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所散歩 ちょいと浅草《浅草 大沢屋》の「豆蔵くん」 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》晩秋から冬の握り »