« 《桃栗三年柿八年》 | トップページ | いつまで続く 旅館の《日本式宴会》 »

地産地消にこだわる《味めぐり弁当(冬づくし)》日光の駅弁

 日光の老舗《油源(あぶらげん)》調整の《味めぐり弁当(冬づくし)》を食べた。東武日光駅や鬼怒川温泉駅で売られている「駅弁」なのだが、なかなか侮(あなど)れないほど、おいしい。

0751

 《味めぐり弁当》の冬バージョン。日光舞茸と湯波(ゆば)ごはん、白飯に山椒の2種類の栃木コシヒカリ米に、こんにゃく、牛蒡(ごぼう)、鶏肉、海老、ホタテ、里芋などの副菜もうまい。羊羹、栗、イチゴなどのデザートもつく。1,000円。

0752

 ベースにあるコンセプトは、その土地で採れた食材を多く使った「地産地消」である。やはり旅行先では、その場所ならではの名産・名物を食べてみたいものだ。湯波の味もよい。こういった地道なこだわりは、必ず市民権を得るものだ。

    油源

    栃木県日光市鉢石町1028-1

    TEL:0288(54)1627

|

« 《桃栗三年柿八年》 | トップページ | いつまで続く 旅館の《日本式宴会》 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《桃栗三年柿八年》 | トップページ | いつまで続く 旅館の《日本式宴会》 »