« ご近所散歩 浅草《浅草寺》の新・喫煙所 | トップページ | 二十年ぶりの《太呂麺(ダーローメン)》池袋《大新飯店》の味 »

沖縄旅行で行く世界遺産《座喜味城跡》

  旅行で訪れた沖縄には世界遺産が、全部で9箇所あるという。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として2000年12月に登録されたものだ。世界遺産はつぎのものだ。

今帰仁城跡(なきじんじょうせき)、座喜味城跡(ざきみじょうせき)、勝連城跡(かつれんじょうせき)、中城城跡(なかぐすくじょうせき)、首里城跡(しゅりじょうせき)、園比屋武御嶽石門(そのひやんうたきいしもん)、玉陵(たまうどぅん)、識名園(しきなえん)、斎場御(せーふぁーうたき)。

 

「グスク」とは城、城壁そして聖域を意味する。お城とは限らないようだ。いままで何度も沖縄には行ったが、首里城しか知らなかった。だが、今回、本島中部の西海岸、残波岬近くの読谷村(よみたんそん)にある《座喜味城跡》を見学した。

Vfsh0760

 《座喜味城跡》には城は朽ちているが、郭(くるわ)や石を積んだ城壁は残っている。15世紀初頭に建設された城だ。琉球王朝は(諸説あるが)1429年から1879年まで、約450年続いた。中国の明や清との交易によって栄え、大陸文化の影響を大きく受けた。途中、薩摩藩に攻め込まれ、属国になったこともある。幕末にはペリーの黒船も来航した。1871年(明治4年)には、明治政府の廃藩置県により琉球王国を鹿児島県の管轄としたが、翌年には、琉球藩となった。そういった意味で、中国と日本との長い歴史のつながりの中で、独特の文化を形成していった。第二次大戦という不幸な戦争の舞台にならなければ、もっともっと歴史的文化遺産が。残っていたことだろう。

Vfsh0759

座喜味城は標高120mほどの丘陵地帯に建つ。すぐ青い海が見渡せる。とくに城壁の曲線やアーチ型の城門は美しい。いまは城壁の上を歩くこともできる。那覇からは車で1時間から1時間半ほどの距離だが、名護へ行く途中に寄ってみてもよい。

|

« ご近所散歩 浅草《浅草寺》の新・喫煙所 | トップページ | 二十年ぶりの《太呂麺(ダーローメン)》池袋《大新飯店》の味 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/47089351

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄旅行で行く世界遺産《座喜味城跡》:

« ご近所散歩 浅草《浅草寺》の新・喫煙所 | トップページ | 二十年ぶりの《太呂麺(ダーローメン)》池袋《大新飯店》の味 »