« 《お正月は列車でふるさとへ》JR東日本のあったかいCM | トップページ | 《塩瀬総本家》のうまい「志ほせ饅頭」 »

ご近所散歩 ちょいと浅草《浅草 大沢屋》の「豆蔵くん」

 浅草は伝法院通りにある、無添加手作り甘納豆の《浅草 大沢屋》には、メインキャラクターの「豆蔵(まめぞう)くん」がいる。お店でうかがったら、豆蔵くんは「豆道」一筋、二十年、豆に働いてきたそうだ。

Up 716 Vfsh0718 

 この豆蔵くんのペットボトルカバーが、知る人ぞ知る浅草土産として、密かにブームになりつつあるそうだ。カバーといっても「靴下」のような形で決してカッコよくはない。色も靴下のようにグレーや茶色、白など何色かある。通常1つ200円だが、たまに(売れ残りを心配して)100円で売ることもある。

 なんとなく人生の哀愁ただよう豆蔵くんグッズが今後たくさんできることを祈っている。

Vfsh0717

       浅草大沢屋

■ 東京都台東区浅草1丁目35−6 第二大阪屋ビル

       TEL: 03(3841)6815

|

« 《お正月は列車でふるさとへ》JR東日本のあったかいCM | トップページ | 《塩瀬総本家》のうまい「志ほせ饅頭」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《お正月は列車でふるさとへ》JR東日本のあったかいCM | トップページ | 《塩瀬総本家》のうまい「志ほせ饅頭」 »