« 早春のめぐみ《ふきのとう》を食す | トップページ | 日光市鬼怒川温泉で《ゆばそば》を食す »

日光《ゆばラーメン》を食す

 栃木県日光へ出張。大雪だった。寒かった。そこであったかい《ゆばラーメン》を食べた。東武日光駅前の《旭屋食堂》である。

Photo

 具材が豊富だ。湯波は春巻きのような「揚げ巻き」状態でボリュームがある。チャーシュー、メンマ、ナルトmインゲン、しいたけに刻みネギなどが入る。麺は中太のタマゴ麺で「日光名水ラーメン」という。

1

 スープは鶏がらでとったダシで、あっさりとした塩味。感覚的には「タンメン」のような味わいだ。特別な味ではないが、寒さに凍てついた体には、やさひくおいしいごちそうだ。

湯波を使用している関係か、1,200円。高いような気もするが、世界の観光地・日光で、しかも駅前なのだから仕方がないのかもしれない。

2 3

 日光のゆばは「湯波」で京都のように「湯葉」とは表記しない。大豆を原料とするのは同じなのだが、日光では豆乳の皮(膜)ゆばをあげるとき、細い串を中央に入れてすくい上げるために、2枚になる。その表裏2枚がくっついて1枚となる。京都では、皮のはじをすくい上げるので2枚にはならないそうだ。したがって、日光のゆばは厚い。その形状が「葉」ではなく「波」打つように見えるために、「湯波」と呼ぶらしい。

        旭屋食堂

        栃木県日光市松原町10-2(東武日光駅を出て正面左手の商店街にある)

        TEL:0288(54)0674

        営業時間/09:00~18:00(冬場は17:00)無休

|

« 早春のめぐみ《ふきのとう》を食す | トップページ | 日光市鬼怒川温泉で《ゆばそば》を食す »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あちらの湯葉とは違う!と云うこだわりでもあるんでしょうね(笑)しかし高い(^_^;)

投稿: いっくん | 2010年2月16日 (火) 00時32分

いっくんbeer

 湯葉(京都)と湯波(日光)。精進料理だったんです。食べてみると、ゆばそのものには、あまり味はないのですが、不思議な食物だと思います。
snow

投稿: もりたたろべえ | 2010年2月17日 (水) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/47570552

この記事へのトラックバック一覧です: 日光《ゆばラーメン》を食す:

« 早春のめぐみ《ふきのとう》を食す | トップページ | 日光市鬼怒川温泉で《ゆばそば》を食す »