« 【にっぽん 旅の文化史】《東照宮以前の日光》日光修験道その3 | トップページ | 《東京スカイツリー》3月11日311メートルに »

再び《三好弥》定食と《宝来楼》ラーメンと

 お昼は、またまた業平の食堂《三好弥》の日替わりランチで「ハンバーグとコロッケ」。手作りのやわらかいハンバーグにデミグラス・ソース、コロッケも揚げたてだ。もちろんキャベツとマカロニサラダ、どんぶり大盛りご飯、味噌汁、お新香で700円。

Photo_4

 一説によれば、ハンバーグ・ステーキはドイツのハンブルクで労働者の昼食として考えだされたメニューだそうだ。本当はビーフ・ステーキを食べたいところだが、牛肉や豚肉をミンチにして、焼けば、安価だし、ボリュームもある。そんなわけで、人気メニューになったそうだ。

Photo_5

 そういえば個人的には、《びっくりドンキー》の300gバーグ・ディッシュが好きだ。(いまもこのメニューがあるのかわからないが)やさしい味だ。

 そして夜は、商談があり、一杯飲んだ帰りがけ、浅草の広東料理《宝来楼》に寄る。オイスター・ソース入りのラーメンだ。ほうれん草と刻み長ネギしか入っていないが、うまい。シンプルだから小細工はできない。600円。

Photo_6

 オイスター・ソースは牡蠣(かき)油のことだ。牡蠣を塩ゆでした汁を煮つめて砂糖などの調味料を加えてつくる。旨みが満載なので広東料理でよく使われる。炒め物にも大活躍する。なかなかラーメンには使わないなかもしれない。いずれにせよ、《宝来楼》のラーメンは、タマゴ麺との相性抜群で絶品である。

|

« 【にっぽん 旅の文化史】《東照宮以前の日光》日光修験道その3 | トップページ | 《東京スカイツリー》3月11日311メートルに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みよしや 地元に同じ名前の食堂が実はありますよ(笑) 新潟で有名なあの辛い唐辛子を入れたラーメンが有名です!食べたこと無いですが(^O^)

投稿: いっくん | 2010年3月11日 (木) 10時47分

いっくんbeer
新潟で有名な「赤唐辛子みそ」は、「かんずり」のことでしょうか?確かにピリっと辛い調味料ですね。ラーメン好きとしては、挑戦してみたいですね。
noodlenoodle

投稿: もりたたろべえ | 2010年3月11日 (木) 23時39分

(・∀・∩)(笑)それです! 但考案し料理する方は辛いの苦手らしいですからΣ( ̄□ ̄)!です

投稿: いっくん | 2010年3月13日 (土) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/47778554

この記事へのトラックバック一覧です: 再び《三好弥》定食と《宝来楼》ラーメンと:

« 【にっぽん 旅の文化史】《東照宮以前の日光》日光修験道その3 | トップページ | 《東京スカイツリー》3月11日311メートルに »