« 知る人ぞ、知る。国分寺の《きぬたや》手打ちそば | トップページ | 《東京スカイツリー》398mになっていた »

【江戸時代の寺社めぐり】村尾嘉陵《江戸近郊道しるべ》を歩く 『遅野井村正八幡宮参詣、同所善福寺・井草妙正寺池』②

『遅野井村正八幡宮参詣、同所善福寺・井草妙正寺池』天保3年(1832)5月10日

②遅野井村正八幡宮・善福寺池

Photo

 村尾嘉陵は妙法寺を出て、青梅街道を歩く。高円寺村(杉並区高円寺)、馬橋村、阿佐が谷村、天の沼村と、現在の杉並区を通り、いまの早稲田通りが青梅街道にぶつかる交差点に出る。ここに遅野井(おそのい)八幡宮(現在の井草八幡神社)がある。

Photo_4

一 遅野井八幡宮(井草八幡神社)は、社料九石余り、青梅街道の南側に鳥居建て、傍(かたわら)に牓示あり、御朱印地(将軍が朱印を押した徳川幕府公認の地)の内、馬駕籠(かご)通抜無用と記す。此所より社頭まで二丁程、社壇の前に大木の松二本あり。高さ数丈、かこみ三囲に少し不足、竜鱗若木の如く、少しも古びなし。大宮八幡宮の松にくらぶれば、やゝ弟なり。社は茅(かや)もてふく、幅五間に二間ばかり、事そぎて作る。(略)

Photo_2 

■遅野井八幡宮(井草八幡神社)は、青梅街道の南側に鳥居が立っている。幕府公認の神社で、社料は九石。御朱印地のため、敷地内を馬やかごで通り抜けることは禁止されていることが案内板に記されていた。入口から本社まではおよそ200mあまり。

社殿の前に松の大木が2本ある。高さは7、8mほどで太さは(大人が両手を広げて三

人分、4~5m)三めぐりに少し足りないくらいだ。幹は龍のウロコのように若々しく少しも古びていない。大宮八幡の松に比べれば、弟格だ。本殿は、茅葺きである。

Photo_3

 青梅街道を行くと、井草八幡の広大な緑が目に映る。ここも源頼朝が奥州藤原氏征伐の折、戦勝を祈願した八幡宮である。確かに大鳥居から続く参道は、長い。

 嘉陵が書き残した松は、いまでも『頼朝公御手植の松』として残っている。

文治五年(1189)、源頼朝は奥州藤原氏の征伐に向かう途次、当神社に戦勝祈願に立ち寄り、その後、無事奥州平定に成功。頼朝は報いるため建久四年(1193)、社頭に雌雄2本の松を自ら植えたというもの。この松は約700から800年近く、この地域の標徴として仰ぎみられていたが、赤松は明治時代に、黒松は昭和47年(1973)に枯れてしまたそうだ。したがって現在の黒松は、二代目らしい。静かに歴史を見守る神社だが、なんとなく気分が落ち着いてくる。

☆井草八幡宮(東京都杉並区善福寺1-33-1

JR中央線、東京メトロ「荻窪駅」北口からバス15分「八幡宮裏」下車、西武新宿線「上石神井駅」からバス10分「桃四小前」

 

広前を出て少し行き、左に横折れて小径(こみち)を行ば、田の面を見わたす風景いとよし。田のふちにそひて少しゆけば、向ひ田を横ぎりて石の小橋をわたる所あり。その橋の南の方一丁足らぬ所、田のくろを隔てゝ蘆(あし)の生たる足入とも覚しき所あり、これを善福寺の池といふ。

Photo_5

■遅野井八幡宮(井草八幡神社)のすぐ裏手が、善福寺池である。江戸時代当時は、あしや水草、雑草が生い茂り、歩くのも難儀するほどだったようだ。

 いまは東京都立の「善福寺公園」として、整備されている。嘉陵が地元の人にきいたところによれば、「昔、この場所に善福寺と万福寺という二つの寺があり、いつしか廃寺になってしまったが、池に善福寺に名をつけた」という。この公園は、広い。上の池と下の池に分かれている。この池から湧き出した水が善福寺川となり、中野で神田川に合流するそうだ。上の池には、嘉陵が見つけられなかった「弁財天」がある。

☆善福寺公園(東京都杉並区善福寺2丁目、3丁目付近)

なお、近くに同名の「善福寺」(杉並区善福寺4-3-6)があるが、嘉陵の時代のものではない。

Photo_6

|

« 知る人ぞ、知る。国分寺の《きぬたや》手打ちそば | トップページ | 《東京スカイツリー》398mになっていた »

江戸時代の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/48494697

この記事へのトラックバック一覧です: 【江戸時代の寺社めぐり】村尾嘉陵《江戸近郊道しるべ》を歩く 『遅野井村正八幡宮参詣、同所善福寺・井草妙正寺池』②:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/31 09:07) [ケノーベル エージェント]
杉並区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 09時10分

« 知る人ぞ、知る。国分寺の《きぬたや》手打ちそば | トップページ | 《東京スカイツリー》398mになっていた »