« 《江戸東京たてもの園》で武蔵野うどん | トップページ | 《東京スカイツリー》「おしなりくん」ティーシャツと煎餅 »

上野駅の《シャガールChagall》

 日本の美術館で人を呼べるのは、「モネ・マネ・セザンヌ・ルノワール」の印象派に、「ゴッホ」を加えればよい。無敵の営業センスだ。それから最近は、「シャガール」だ。

Photo

シャガール(マルク・シャガール1887~1985)は、ロシア(現在のベラルーシ)出身のユダヤ系。パリでの生活が長く、フランス国籍も取得していたから、フランス人だと思っている人も多い。アメリカにもいたことがある、というからややっこしい。しかも南フランスにも縁が深い。

 「愛の画家」と呼ばれるけれど、私は赤やブルー、ピンクなどの「色彩」を操る道化師だと思う。馬や愛妻の姿が空中を飛ぶ。自由な空間をイメージしながら、それでいてユダヤ民族の抵抗と存在感や愛を描く。きっと殺伐としたこんな時代だからこそ、シャガールの絵を見て感動してしまうのかもしれない。

Moma

※上:上野駅ホームで 下:「私と村」ニューヨーク近代美術館MoMA蔵

|

« 《江戸東京たてもの園》で武蔵野うどん | トップページ | 《東京スカイツリー》「おしなりくん」ティーシャツと煎餅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/48871788

この記事へのトラックバック一覧です: 上野駅の《シャガールChagall》:

« 《江戸東京たてもの園》で武蔵野うどん | トップページ | 《東京スカイツリー》「おしなりくん」ティーシャツと煎餅 »