« ラーメン・ノスタルジー《純喫茶 ブロンデイ》@浅草 | トップページ | ラーメン・ノスタルジー《進来軒》東京ラーメン《来々軒》の味をいまに伝える »

ラーメン・ノスタルジー《光江》@台東区「庶民のラーメン」

Photo  ラーメン通の間で評判の店が、《光江》だ。地下鉄日比谷線の「入谷」またはJR山手線の「鶯谷」が最寄駅となる。住所を頼りに訪ねてみたら、静かな住宅地にある、普通のラーメン屋。現在のご主人は2代目で、先代は終戦後、入谷で「居酒屋」とラーメン屋さんの合体した店舗を経営し、火事で燃えてしまった後、現在の場所に移り20年が過ぎたそうだ。その頃からお店の名は《光江》だそうだ。思わず、現在の店にいるおかみさんに「光江さんですか?」ときいて、一笑にふされた。どうやら先代の奥様なのか、よくわからない。

240

 店内には、林家こぶ平(現・正蔵)やギャル曽根さんなど、芸能人のサイン色紙が飾ってあった。下町の普通のラーメン屋なのに、存在感があると思った。

239

 やはり看板メニューの「中華そば」(550円)を注文。スープはコンソメ・スープのように澄んでいる。手堅く、鶏がらや豚骨に鰹節、昆布、各種野菜でとった「だし」で、甘みも感じるあっさり醤油味である。実に丁ねいで丹念な仕事だ。この味が、50年以上も受け継がれてきた、下町の庶民のラーメンなのだと思う。具材もシンプルで、メンマにホウレン草、バラ肉のチャーシューに刻み長ねぎが、中太の縮れ麺と調和する。

 とくに、これといった特徴もなく、無難にできあがった一杯だ。しかし、いまの時代、こんな庶民のラーメンに出会える店が、残っていることがうれしい。

※この記事は2008年8月に作成して発表したものです。今回、加筆・修正しました。

■光江
■東京都台東区下谷2-22-6(JR鶯谷駅徒歩10分)
■TEL:03(3873)0142
■営業時間/11:00~14:30 17:00~20:00頃(木曜休み)

Photo_2

|

« ラーメン・ノスタルジー《純喫茶 ブロンデイ》@浅草 | トップページ | ラーメン・ノスタルジー《進来軒》東京ラーメン《来々軒》の味をいまに伝える »

ラーメン・ノスタルジー」カテゴリの記事

コメント

いですね♪ こんなの好き〜(^-^)

投稿: いっくん | 2011年1月29日 (土) 14時59分

いっくんbeerbeer
光江さんのラーメンも、うまいんです。特にスープは絶品です。

投稿: たろべえ | 2011年1月30日 (日) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/50710809

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン・ノスタルジー《光江》@台東区「庶民のラーメン」:

» 仁義なき戦い 芸能界篇w [0935050]
どもどもQ太郎です。いやぁ沢尻さんの件がメシウマですな。どこまで無茶苦茶になるのか、楽しみですわぃ。そんなところに幸せいっぱいの小倉優子リンに関する情報が飛び込んでまいりました。なんでも所属事務所に契約解除の通知を弁護士名で送っていたとか。 [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 21時18分

« ラーメン・ノスタルジー《純喫茶 ブロンデイ》@浅草 | トップページ | ラーメン・ノスタルジー《進来軒》東京ラーメン《来々軒》の味をいまに伝える »