« ラーメン・ノスタルジー《光江》@台東区「庶民のラーメン」 | トップページ | 《東京スカイツリー》569mに!! »

ラーメン・ノスタルジー《進来軒》東京ラーメン《来々軒》の味をいまに伝える

 その道では権威のある「新横浜ラーメン博物館」の“日本のラーメンの歴史”の「ラーメン黎明期」につぎのような記載がある。

1910年: 浅草「来々軒」が創業。屋台ではなく、店舗を構えたラーメン専門店としては、日本初のお店である。当時は絶大な人気を博したようだが、残念ながら既に閉店している。
Photo
東京の浅草にあった《来々軒》(來來軒)が、澄んだ醤油味スープの「東京ラーメン」のルーツであることは定説となっている。明治43年創業でこの店は、庶民の娯楽の殿堂・浅草にあって大変な人気を集めていたようだ。「支那(しな)料理・広東料理」という看板を出しており、シウマイ(シュウマイ)、マンチウ(饅頭)、シナソバ、ワンタンが看板メニューであったそうだ。この「シナソバ(支那蕎麦)」、つまり「中華そば」いまのラ-メンが人気だった。その後、この人気店は第二次大戦中の昭和18年に店をたたみ、終戦後のドサクサで浅草の店は、第三者に不法占拠されてしまう。ようやく戦後も落ち着いた昭和29年(1954)、東京駅近くの中央区八重洲4丁目に開店。昭和40年(1965)には千代田区内神田2丁目に移転したものの、後継者不足から51年(1976)やむなく《来々軒》は閉店となった。

 記録によれば、《来々軒》のラーメン(中華そば)は、つぎのようなものだった。スープは鶏ガラと豚骨、野菜でとる。当初、麺は手打ちで、小麦粉に卵、カンスイで打つ。具はシンプルに焼き豚(チャーシュー)、シナチク(メンマ)に刻みネギ。もちろん醤油味であった。とくに「焼き豚」は、大きなレンガ製のかまどに薪を入れ、細長く切った肩バラ肉に醤油と赤ザラメ(砂糖)、塩をまぶして、味をしみ込ませ、蒸し焼きにしたそうである。それだけでも2時間はかかるというから、丹念な仕事だ。シナチクも当時は乾物を水で1週間かけてもどし、豚のバラ肉と共に3、4時間かけて、赤ザラメや醤油でじっくり煮込んで、やらかくしていた。(参考:『にっぽんラーメン物語』小菅桂子著、講談社α文庫)

 実はこの《来々軒》で修行した方が、いまも千葉県稲毛区でお店を開いていて、元祖の味を受け継いでいるという。《進来軒》という。そこで、先日休みを利用して出かけた。なんとなく昔の恋人に逢いにいくような気分だ。

Photo_2

 千葉駅からモノレールに乗り、「穴川駅」下車。住宅街を10分ほど歩く。お昼を少し過ぎていたが、大変な混雑だ。さっそく「ラーメン」500円を注文。ほどなくすると運ばれてきたどんぶり。澄んだスープは、鶏ガラと野菜ですっきり、あっさり醤油味である。中細のタマゴ麺もうまい。具はチャーシュー、メンマ、ナルトにウズラ、刻みネギである。なぜか、ほっとする。これが「東京ラーメン」の元祖の味である。おそらく誰が食べても、うまいと思うだろう。(《来々軒》(來來軒)の写真は、大正2年頃、『にっぽんラーメン物語』より)2

■進来軒
■千葉県千葉市稲毛区天台5-6-5
■TEL:043(251)0204
■営業時間/11:00~15:00 17:00~20:30
■定休:毎週月曜日、第3火曜日

※この記事は2009年2月に発表したものに加筆・修正したものです。

|

« ラーメン・ノスタルジー《光江》@台東区「庶民のラーメン」 | トップページ | 《東京スカイツリー》569mに!! »

ラーメン・ノスタルジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/50732599

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン・ノスタルジー《進来軒》東京ラーメン《来々軒》の味をいまに伝える:

« ラーメン・ノスタルジー《光江》@台東区「庶民のラーメン」 | トップページ | 《東京スカイツリー》569mに!! »