« ラーメン・ノスタルジー《五十番》@墨田区業平「王貞治選手ゆかりのラーメン」 | トップページ | 《東京スカイツリー》いよいよ601m »

《浪花屋製菓》と《亀田製菓》柿の種チョコレート合戦

 浪花屋製菓(長岡市)も亀田製菓(新潟市)も米どころ新潟県の米菓メーカーである。両社共、このところチョコレートでコーティングした「柿の種」で、熾烈な戦いを繰り広げているようだ。

Photo Photo_2 

 浪花屋製菓は、「柿チョコ」、「柿チョコ ホワイト」もおいしいが、「カフェオレ柿チョコ」が最高。もちろんベースには、柿の種のしっかりした辛い味があり、その上に、ほろにがく甘い。一方、亀田製菓の「柿の種×meiji」(コンビニ限定商品)は、明治製菓のミルクチョコレートとのコラボで、キャッチフレーズのように“ちょい辛でコク甘”である。本来の柿の種の味は消えてしまっている。断然、浪花屋の柿チョコがうまい。

Photo_3Photo_4

 ところで柿の種は浪花屋製菓が、元祖だそうだ。大正12年(1923)に製造を始めたという。柿の種を食べ比べとみると、確かに亀田製菓よりうまい。しかし、ピーナツ入りのいわゆる「柿ピー」は、昭和41年(1966)に、亀田が発売を開始したもの。行楽用で缶ビールのつまみに人気を博した。現代では、流通にうまく商品を乗せ、様々な新商品を出し続ける、亀田製菓に軍配があがる。

|

« ラーメン・ノスタルジー《五十番》@墨田区業平「王貞治選手ゆかりのラーメン」 | トップページ | 《東京スカイツリー》いよいよ601m »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(・∀・∩)おっしゃる通りです 亀田製菓はサッカーなどにも絡んでますからね〜わたくしは元祖の辛い方が好きです(^-^)

投稿: いっくん | 2011年2月28日 (月) 22時06分

いっくんbeer
新潟県人にとって、浪花屋製菓さんや亀田製菓さんは、かなり身近な存在なのですね。でも元祖・浪花屋さんの商品は、東京ではなかなか売っていないのですよ。
亀田さんは、Jリーグは「アルビレックス新潟」のスポンサーですね。以前、ツアーでお世話になったことがあります。

投稿: たろべえ | 2011年3月 1日 (火) 10時09分

あー(笑) お世話になってますのでお送りしてもいいですよ(^-^)

投稿: いっくん | 2011年3月 5日 (土) 17時56分

いっくんbeer
それでは次回上京の折にでも、浪花屋製菓の品をお願いします。(笑)

投稿: たろべえ | 2011年3月 7日 (月) 20時49分

(・∀・∩) 了解しました(笑)

投稿: いっくん | 2011年3月 8日 (火) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/50994668

この記事へのトラックバック一覧です: 《浪花屋製菓》と《亀田製菓》柿の種チョコレート合戦:

« ラーメン・ノスタルジー《五十番》@墨田区業平「王貞治選手ゆかりのラーメン」 | トップページ | 《東京スカイツリー》いよいよ601m »