« 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その3 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その4 »

ご近所グルメ 浅草《いさりび》文月七月の「新さんま」

Shin_sanma110715

 浅草北口の小さな隠れ家《いさりび》で、今年はじめての「新さんま」である。北海道釧路漁港に初物が入荷した7月3週。適度に脂がのっている。身は引き締まり、歯ごたえもよい。(肝しょう油または生姜しょう油で)もちろん、秋になりもう少し南下して来ると、脂がたっぷりのさんまは塩焼きだ。

 つまみは、赤貝(大分産)のヒモである。さっぱりしている。

Hotate110715 

 握りは定番、ホタテ(北海道)。

Kohada110715 

 そして小肌(佐賀唐津)。

Akagaihimo110715

|

« 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その3 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その4 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

新さんま 美味そうですね。光ってますね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2011年7月18日 (月) 04時39分

通りすがりさんpenguin
確かに「新さんま」は、銀色に輝いています。まさに旬のサカナです。うまいこと、間違いありません。

投稿: もりたたろべえ | 2011年7月20日 (水) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/52231853

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《いさりび》文月七月の「新さんま」:

« 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その3 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その4 »