« 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その5 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その6 »

《なでしこジャパン》の思い出

 いまから2年前、20093月、コーチをしている地元の少年サッカーチームで《なでしこジャパン》サッカー教室に参加したことがある。まだまだ日本代表女子チームといえども資金不足の時代。佐々木監督をはじめ、数名の選手で全国を回り、少年少女対象のサッカー教室を開き、運営資金を稼いでいた。当時の記事を見ると、佐々木監督、元女子代表キャプテン・池田浩美さんをはじめ、大野忍さん、近賀ゆかりさん、加藤與惠さんの4選手が来た。とくに大野さんは、小柄だがムードメーカーで本当に楽しそうにこどもたちと接していた。

《なでしこジャパン》サッカー教室

 佐々木則夫監督は、わがチームのO監督の帝京高校サッカー部時代の後輩。そんな縁で参加したが、笑顔でこどもたちを指導していた。サッカーの楽しさを教えていただいた。今回、女子W杯優勝という実績を残したのだから、おそらく今後はスポンサーも多数見つかることだろう。久々に喜びを分かち合えるニュースだ。

|

« 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その5 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なでしこジャパンの活躍 感動的でした。なんと言っても 世界一ですから。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2011年7月22日 (金) 07時30分

世界1位で話題のなでしこ。
震災以降、明るいニュースがあまり無くくらい日本を明るくしてくれました。
しかし、なでしこジャパンの多くは、プロ契約できずアルバイトや社員として働きながらのサッカー生活。
女子サッカー王国の現状を改善してくれればと祈っています。

投稿: Iidarah | 2011年7月22日 (金) 22時32分

通りすがりさん
iidarahさん
コメントありがとうございます。なでしこジャパンには、スポンサーの申し出が相次いでいるようです。女子サッカーもなんとか盛り上げてほしいものです。

投稿: もりたたろべえ | 2011年7月23日 (土) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/52252522

この記事へのトラックバック一覧です: 《なでしこジャパン》の思い出:

« 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その5 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その6 »