« ヤクルト《タフマン》ラッピングの山手線 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その1 »

人生楽ありゃ苦もあるさ《ああ人生に涙あり》

 テレビのご長寿番組《水戸黄門》の主題歌には、《あゝ人生に涙あり》というタイトルがあった。(作詞・山上路夫、作曲・木下忠司)

Mitokomon_song

 1 人生楽ありゃ苦もあるさ 涙のあとには虹も出る

   歩いてゆくんだしっかりと 自分の道をふみしめて

 2 人生勇気が必要だ くじけりゃ誰かが先に行く

  あとから来たのに追い越され 泣くのがいやならさあ歩け

 3 人生涙と笑顔あり そんなに悪くはないもんだ

  なんにもしないで生きるより 何かを求めて生きようよ

 4 人生一つのものなのさ あとには戻れぬものなのさ

  明日の日の出をいつの日も めざしてゆこう顔上げて

 恥ずかしながら、1番、2番はよく知っていたが、3番と4番は今回、はじめて知った次第だ。《あゝ人生に涙あり》というタイトルからして、まさに人生をうたった演歌であり、応援歌なのだと思う。

 実力以上に要領がよい「あとから来る奴」に、追い越されるのもよくある話だ。人生というのは、本当に楽しいこともあれば、その分だけ苦しいことがある。山があれば谷もある。上がったり下がったりだ。

Mitokomon_kanban

 《水戸黄門》様は、悪を懲らしめ弱気を助ける「勧善懲悪」だから、理屈はいらない。それから先の天下の副将軍、ご老公が日本全国を行脚するからおもしろい。史実はどうあれ、大人気のドラマに間違いない。

|

« ヤクルト《タフマン》ラッピングの山手線 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

水戸黄門様は 分かりやすく 時間内に決着するので 安心して みるドラマですね。主題歌が 四番まであったとは 驚きました。いっそのこと 黄門様一行が 外遊したらどうですか。まっ 鎖国だから 行ける国々は限られますが。

投稿: 通りすがりのたびにん | 2011年7月12日 (火) 19時44分

若い頃は興味もないドラマでしたが、気付けば毎週楽しみで欠かさず観ている自分がなんとも滑稽です。

そして、約束どおりの8時45分、黄門様の説教に涙することも・・・

仰るとおり、確かに大人気のドラマですね(^^)

昨夜も面白かったですww

投稿: ヤマト君のパパ | 2011年7月12日 (火) 21時31分

通りすがりのたびにんさんbottle
ヤマト君のパパwine
コメント感謝します。
確かに若い頃は、あのワンパターンのドラマをバカにしていたのかもしれません。単純そうで奥が深く、ウンチクに富んでいて、楽しくなります。

 ただ仕事で忙しいので平日は、みることができません。ビデオを撮るほどでもないかな?

投稿: もりたたろべえ | 2011年7月12日 (火) 23時27分

遅れましたが(笑)
確かに最近のドラマや 漫画もそうですが 簡単に人を傷つけたり 殺してしまったりが「普通」になっている感覚ありますね 月9もしかり あの彼女が出たから見ましたが 内容的には「渡る世間」張りなドラマ(笑) 行かないだろう方向へ不幸せな方向に行きますからね〜

分かりやすいし悪は滅びる?みたいなのが安心(笑) やはり彼女が出た仮面ライダーも 悪人が強すぎる(^-^)

投稿: ikkun | 2011年7月13日 (水) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/52180158

この記事へのトラックバック一覧です: 人生楽ありゃ苦もあるさ《ああ人生に涙あり》:

« ヤクルト《タフマン》ラッピングの山手線 | トップページ | 江戸時代の屋台《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》解説その1 »