« 《神谷バー》の車内広告10月版 | トップページ | ご近所グルメ すみだ《LONGBOARD CAFE》定番「ロコモコ」 »

ラーメン・ノスタルジー《珍來》80年の歴史

 埼玉県草加市に本店のある中華料理チェーンの《珍來(ちんらい)》のラーメンを食べる機会があった。まさになつかしい昭和のラーメンだ。

Photo

 スープは豚コツ、鶏ガラ、煮干し、昆布に数種類の野菜でつくる。丁寧にアクをとりながら、コトコトじっくり煮込む。手打ちのタマゴ麺は、毎日午前2時から打つそうだ。

さすがに落ち着いた味。具材もシンプルにメンマ、チャーシューに刻みネギだ。飽きの来ないスープに中太麺がマッチして、うまい。500円。店員さんの応対もすばらしい。気取らずにおいしく、気持ちがよい店だ。

Up

 さてこの《珍來》だが、店内のメニューに記載の歴史を述べると、つぎのような堂々たる流れがあった。創業者の清水清氏は、明治41年茨城県に生まれ、昭和3年に上京。修行後の昭和5年、珍來式手打ちラーメンを考案した。その後ラーメン店の経営にあたり、太平洋戦争での休業をはさみ、昭和21年正月には浅草の闇市、ひょうたん池の

脇で戦後の一号店を開店。その後、二代目が独立経営者育成のために協同組合珍栄会を創設、現在の会社の基礎を築いた。以降、関東一円にのれん分けをおこない、一時は百数十店舗を展開してきた。そして今年で81年である。

        珍來

        埼玉県草加市栄町2-11-10

        TEL:048(932)1173

        営業時間/11:00~04:00(無休)

Photo_2

|

« 《神谷バー》の車内広告10月版 | トップページ | ご近所グルメ すみだ《LONGBOARD CAFE》定番「ロコモコ」 »

ラーメン・ノスタルジー」カテゴリの記事

コメント

珍来は 千葉や茨城にもありますよ。埼玉にも多いのですね。確か餃子が美味かった気がしますが。

投稿: 通りすがりの営業マン | 2011年10月11日 (火) 18時40分

通りすがりさんrun
千葉や茨城にも「珍来」さんがあるのですね。ごめんなさい、私、まだ餃子は食べておりません。それにしても庶民の味方ですね。noodle

投稿: もりたたろべえ | 2011年10月12日 (水) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/52933642

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン・ノスタルジー《珍來》80年の歴史:

« 《神谷バー》の車内広告10月版 | トップページ | ご近所グルメ すみだ《LONGBOARD CAFE》定番「ロコモコ」 »