« ご近所グルメ すみだ《牡蠣と野菜のオイスター炒め》祥龍房 | トップページ | ご近所グルメ すみだ《三好弥》チャーハン »

《いさりび》初冬の旬を食す

 浅草駅北口の小さなお寿司屋《いさりび》である。晩秋から初冬、久々に旬を食べる。

1111251940 

お通しは「あんこう豆腐」だ。濃厚な味。

1111251948

刺身の盛合せ5種。カツオ(佐渡)、スミイカ(鹿児島)、サワラ(三重)、ブリ(青森)、サバ(新潟)。スミイカはねっとり感がある。サワラは淡白な味。やはり秀逸は、ブリである。「寒ぶり」だ。青森産で脂(あぶら)の乗りがよい。照り焼きの王様だが、刺身もうまい。サバはやはり大将の丁寧な職人技で美味だ。

1111252025 

  今宵は「上寿司」を注文。まず5貫。車エビ(屋久島)、マグロ赤身(大西洋)、スズキ(舞鶴)、ホタテ(北海道)、マグロ「ヅケ」。スズキは透明感がある白身の魚だ。本来の旬は夏場だが、この時期の秋から冬が産卵期に入り、身が締まっている。塩で食べる。

1111252048

 続いて3貫。イクラ(北海道)、小肌(唐津)、穴子(羽田)である。なんとも落ち着く寿司である。江戸前の穴子だ。幸せである。

|

« ご近所グルメ すみだ《牡蠣と野菜のオイスター炒め》祥龍房 | トップページ | ご近所グルメ すみだ《三好弥》チャーハン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ヽ(≧▽≦)/!コハダに穴子さを(笑)食べたい〜(^-^)

新潟のそれもいいですね〜

投稿: ikkun | 2011年12月 2日 (金) 21時32分

ikkunbeer
小肌、〆サバに穴子。いま気にいっている握りです。うまい!!

投稿: もりたたろべえ | 2011年12月 5日 (月) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/53374822

この記事へのトラックバック一覧です: 《いさりび》初冬の旬を食す:

« ご近所グルメ すみだ《牡蠣と野菜のオイスター炒め》祥龍房 | トップページ | ご近所グルメ すみだ《三好弥》チャーハン »