« 《日光街道》宿場を歩く【小金井宿】 | トップページ | 《日光街道》宿場を歩く【石橋宿】その2 »

《日光街道》宿場を歩く【石橋宿】その1

Photo

 小金井宿から石橋宿まで、一里十八町、約5.9kmである。現在の栃木県下野市石橋地区にあたる。宿場の人口は414人、旅籠は30軒と記録が残る。(天保14年)前回は小金井駅からJR宇都宮線に乗って帰宅したため、今回は石橋駅で下車し、日光街道を小金井駅方面に少し戻るところからスタートである。

Photo_2 

 小金井から石橋あたりは、栃木の特産品「かんぴょう」(夕顔)の生産地である。かんぴょうは、夕顔の実を長く削り、天日に干してつくる。史料にもよるが、全国のかんぴょう生産量は、384トン。栃木県産は、下野市・小山市・壬生町が主な産地で、全国の95%以上を占めている。そこで「夕顔の橋」まで戻り、石仏群を見学。(写真:栃木県干瓢商業協同組合)

Photo_3

Photo_4

 夕顔の橋の石仏10体は、地蔵菩薩や如意輪観音などだが、磨耗が激しくて年代などの文字が読めない。おそらく近郊から、この街道に集められたものだろうが、いわれがわからない。資料によれば、「享保三年(1718)」や「延享四年(1747)」の年代が刻まれた石仏があるという。またここは、星宮神社への入口である。

Photo_5

☆☆街道歩きの昼食は、「ラーメン 味番人」に決めた。

当店いちおしの「野菜あんかけラーメン」840円を注文。とにかく、熱々なので、冬場は最高だ。具材は白菜、キャベツ、きくらげ、ピーマン、パプリカ、もやし、長ネギ、ニンジン、インゲン等、季節の野菜が満載。中太麺はやわらかめだが醤油ベースのスープにマッチしておいしい。片栗粉のあんかけ仕立のため、最後まで冷めない。

Photo_6

調理場では、ご主人が健闘中だ。どうやら全国のラーメンを食べ歩き、麺やスープも

こだわりをもって、一生懸命つくっている感じが伝わってくる。女性客が多いのにはびっくり。ラーメン(味噌・醤油・塩)に唐揚げと餃子のつくサービスセットが、飛ぶように売れている。交通が不便な場所なので車でしか行けそうもないが、間違いなくおすすめのラーメン屋さんだ。

Photo_7 

■ラーメン 味番人

■栃木県下野市下石橋321-1(JR石橋駅から徒歩約10~15分)

TEL:0285-53-7456

■営業時間/10:30~14:00 18:00~23:00(月曜休み、祝日の場合は営業)

2 Photo_8 

☆グリム童話の姉妹都市「旧石橋町」

 JR石橋駅前にはドイツ・ヘッセン州の旧シュタインブリュッケン村との姉妹都市記念の塔が建っている。また石橋には「グリムの森」という娯楽施設がある。これはグリム兄弟が生まれたシュタインブリュッケン(シュタイン:石、ブリュッケン:橋)との交流を通じ、グリムの童話を基礎に夢とロマンのまちづくりを目指すものだ。石橋町は合併により下野市となったが、シュタインブリュッケン村も周辺の村と合併し、現在はディーツヘルツタールとなっている。

Photo_9 

 さて日光街道に戻るが、石橋宿の入口に村社であった愛宕神社がある。天平三年(759)の創建とされる。

Photo_10

Photo_11 

 石橋駅に入る街道の角近く西側(日光に向かい左側)に、本陣の伊沢越前守宅跡がある。現在、伊東屋薬品店がある場所だが、小さな伊沢家の屋敷神だけが残っている。

Photo_12

東側には伊沢茶舗があるが、問屋場の伊沢出雲守宅だ。(多くのガイドブックには、このお茶屋を本陣跡と記載しているが、誤りである)

Photo_13 

また脇本陣であったのが、伊沢写真館である。この石橋の宿の役人を務めた伊沢家は、中世の下野宇都宮氏の有力武将・多功氏一族に仕え、この石橋の地で農民になった由緒ある家柄であるそうだ。

Photo_14 

☆孝謙天皇神社(下野市上大領)

石橋駅からは日光街道を横切り、直線で1.6kmもある。町はずれの小さな神社だ。

 神社前にある氏子の方々が建てた案内板「孝謙天皇神社由来」によれば、下野薬師寺の別当に弓削道鏡が配流されたのを孝謙天皇があわれみ、この地に来たが病没したとも伝わる。実際、孝謙天皇は平城京で崩御されており、道鏡と共に都から左遷された女帝付きの高級女官が、天皇の遺骨を分骨して運んできたか、もしくは道鏡が遺髪や遺品を持参し、「西光寺」(廃寺)に安置し供養したらしい。その後、村人たちがお骨(舎利塔)を御神体に祀り、孝謙天皇神社と改めたそうだ。いずれにせよ、歴史ロマンは謎である。

Photo_15

|

« 《日光街道》宿場を歩く【小金井宿】 | トップページ | 《日光街道》宿場を歩く【石橋宿】その2 »

江戸時代の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/53917931

この記事へのトラックバック一覧です: 《日光街道》宿場を歩く【石橋宿】その1:

« 《日光街道》宿場を歩く【小金井宿】 | トップページ | 《日光街道》宿場を歩く【石橋宿】その2 »