« 「かにたま定食」食べた《菜根譚》で | トップページ | 渡辺崋山《日光街道》を行く『全楽堂日録』2 »

《文庫本》自動販売機があった

 とある私鉄の駅で見かけた《文庫本》の自動販売機。時代も進んできたものだと思う。ただ、私は本を購入する場合、ほとんど手に取って中をパラパラ読んでから買う。たとえベストセラーであっても、内容が乏しくて自分には合わないこともある。

1 

 もちろん資料等で必要な場合、とくに古書などはアマゾンで書名のみで購入することもあるが、やっぱり中身がわからないので自動販売機で文庫本は買えない。

2

|

« 「かにたま定食」食べた《菜根譚》で | トップページ | 渡辺崋山《日光街道》を行く『全楽堂日録』2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本の自動販売機とは 驚きました。多分買わないですね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2012年3月 2日 (金) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/54121006

この記事へのトラックバック一覧です: 《文庫本》自動販売機があった:

« 「かにたま定食」食べた《菜根譚》で | トップページ | 渡辺崋山《日光街道》を行く『全楽堂日録』2 »