« 《神谷バー》の新作ポスター2 | トップページ | 《日光街道》宿場を歩く【大沢宿】その2 »

《日光街道》宿場を歩く【大沢宿】その1

Photo_9

 大沢宿は、手前の徳次郎宿から二里十四町(約9.4km)である。この江戸から19番目の宿場は、南北に四町四間(約440m)の長さがあり、人口は278人、旅籠は41軒を数えた。(天保14年)規模の割に旅籠が多いのは、天保4年(1843)以降、宿で飯盛女を抱えることが許可されたためである。

Photo_3 

◆王子神社(日光市大沢町)

 諸説あるが、創建は鎌倉時代の正治二年(1200)源頼朝を祀って開かれたそうだ。旧大沢宿の鎮守として大切にされてきた。境内の「大イチョウ」は、高さ23.5m、周囲4m、枝張りは東西南北各5mで、推定樹齢は約240年とされ、天然記念物に指定されている。

Photo_4

9 4 

 社殿に向かって左には、文化九年(1812)の常夜灯や宝暦七年(1757)の石灯籠がある。右には明和四年(1767)の常夜灯がある。また、こまいぬには安政七年(1860)の銘がある。

Photo_5 

■龍蔵寺(日光市大沢町831-3

 大沢山密巌院龍蔵寺。真言宗智山派。本尊は大日如来。開基はわからないが、江戸時代四代将軍・家綱以後の日光社参では、「大沢御殿」(後述)に代わって将軍の休憩所になった由緒ある寺だ。利用した将軍は、寛文三年(1663)家綱、安永五年(1776)家治、天保十四年(1843)家慶で、おもに昼食休憩や装束を着替える場所に使った。

Photo_6

Photo_7 

 境内には樹齢100年以上の太さ1mの「六尺藤」があり、五月には見事な花を咲かせることで有名である。なお、龍蔵寺は日光街道に面する場所(大沢小学校)にあったが、明治初年に現在地に移転している。以前の大沢宿・龍蔵寺は、明治六年大教舎として開校されたのが、現大沢小学校のはじまりである。

Photo_8 

◆大沢の古杉

 松平正綱が杉並木を寄進する以前からあった杉である。大沢宿の木戸があった場所。

Photo_10 

◆八坂の枝喰い杉

 二本の根の部分が癒着して二股に分かれた杉がで、別の木を食い込んでいるように見える。小さな八坂神社の鳥居前にある。

Photo_11 Photo_12 

 八坂神社は、小さな鳥居と神輿の蔵があった。夏祭りには山車も出るらしいが、ひっそりとした社だ。京都祇園の八坂神社の流れを汲むと思われる。

Photo_13

◆大沢の四本杉

 八坂神社から程近い、並木の切れる角に植えられた4本の杉。四角形の土地に均衡を保つ。お互いに倒木を防ぐ植樹方法らしい。

Photo_14 

◆大沢御殿跡

 日光街道を進むと「御殿工場入口」のバス停があり、信号は大室入口である。右斜めに入る279号線を2300m行くと、雑木林に囲まれた広大な野原がある。ここが大沢御殿跡である。三代将軍・家光の日光社参に際して、幕府は休憩のための大沢御殿を建設した。(寛永四年1627、完成)この場所は中世、土豪の大沢氏の居城であった城跡である。

Photo_15 

 大沢御殿の敷地は2,730坪(約9000㎡)という広大な広さで、1町(109m)四方。杉の樹木で囲まれ、堀をめぐらした。中ノ口、忍口、裏口があった。外側には御殿番の役人・安西氏が居を構えて守っていた。

 家康を崇拝していた徳川家光の日光社参は、元和九年(1623)から慶安元年(1648)まで、都合10回実施されたが、この御殿を利用したのは、寛永五年(1628)から同十七年(1640)におこなった社参6回中4回である。四代家綱も最後に慶安二年(1649)、この御殿を利用した。将軍は、この地で装束を整え、日光参拝へ趣いた。

 明治以降は、御殿番の子孫・安西氏が、この土地を購入し、材木業を営んでいた。そのため「御殿工場」と呼ばれ、いまでもバス停にその名が残る。

Photo_16 

◆大沢の一里塚(水無の一里塚)

 江戸日本橋から32番目の一里塚。約125.7kmである。大きな杉が植えられている。

Photo_17

Photo_18 Photo_19 

◆延命地蔵と石仏群

 下水無バス停近くに延命地蔵尊を祀る祠がある。ここには右に5体、左に7体の石仏が安置されている。地蔵や十九夜塔であるが、左の地蔵には延享三年(1746)の銘が読める。

Photo_20 

 また祠の左側の手前には、六面憧六地蔵がある。古いもので江戸時代と思われるが、信者によって触られたのであろうか、六面の地蔵の顔も、ほとんど磨耗していた。

Photo_21 Photo_22

Photo_24 

 水無からシドミ原へ。途中、左手に「日光甚五郎煎餅」で有名な石田屋の工場がある。この甚五郎煎餅は、ソフトな塩味で、日光や鬼怒川の旅館に泊まると、お茶うけでよく出される銘菓である。

|

« 《神谷バー》の新作ポスター2 | トップページ | 《日光街道》宿場を歩く【大沢宿】その2 »

江戸時代の旅」カテゴリの記事

コメント

日光街道シリーズも 楽しく見ています。ところで昼食は何を食べているのですか。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2012年4月10日 (火) 22時20分

通りすがりさん、次回に書きます。

投稿: もりたたろべえ | 2012年4月10日 (火) 22時21分

おはようございます
杉ってやはり神社 神様との繋がり 旅?の御守りでもあるんでしょうね? 戸隠奥社に向かう あの杉並木に感じるものはそれなのかもしれませんね?

投稿: ikkun | 2012年4月12日 (木) 10時08分

ikkunbeer
「杉」は神社の参道に植えられることが多いですね。どこか神秘的な樹木で、おそらく霊力があると思います。

投稿: もりたたろべえ | 2012年4月13日 (金) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/54431101

この記事へのトラックバック一覧です: 《日光街道》宿場を歩く【大沢宿】その1:

« 《神谷バー》の新作ポスター2 | トップページ | 《日光街道》宿場を歩く【大沢宿】その2 »