« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の23件の記事

もう一つの《東京スカイツリー》

Photo

 業平橋の商店街にある《金銀堂》さん。時計屋さんである。ここのご主人が丹精込めてつくったツリーの模型がある。テレビでも紹介されたことがあり、およそ300分の1くらいだろうか。実に精巧に出来ている。

Photo_2 

■金銀堂 東京都墨田区業平1-13-5 TEL0336228071

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《東京スカイツリー》超満員

《東京スカイツリー》は、開業後はじめての日曜日で大変な人出だった。またまた昼食は、コンビニの弁当である。

0527

スカイツリー真下のファミマの「炒飯&チキン南蛮弁当」、498円。なかなかやわらかいチキンだ。炒飯は、さほどおいしくない。

0527skytree

| | コメント (3) | トラックバック (0)

《東京スカイツリー》イルミネーションが美しい

東京スカイツリーのライティング、「粋」である。やさしい光だ。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《東京スカイツリ―》に登って来ました。

晴天に恵まれた23日、東京スカイツリーに登って来た。大変眺めがよく、行列もなく展望を楽しめた。

Photo

浅草ビューホテル方面

Photo_2

隅田川もきれいだ

Photo_3

浅草寺もよく見える

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《東京スカイツリー》開業

Photo

《東京スカイツリー》がやっと開業した。しかし終日、雨だ。プラチナチケットを手に入れて登った人には、展望もできず、お気の毒と言うしかない。

Photo_2

それにしてもすごい人だった。

Photo_3

東武鉄道のグランドオープン記念乗車券も購入。500円。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

居酒屋《多か将》@業平橋のランチ続編

 業平橋に新規オープンの居酒屋《多か将》で、ランチ。

Photo

Up 

コロッケカレー530円。なかなかどうしてカレーもうまい。コロッケは揚げ立でポテトサラダも付く。納得の味だ。

Photo_2

Up_2 

大山鶏の唐揚げ定食680円。和風の唐揚げである。ボリュームたっぷりで、もちろんごはんのおかわりもできる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

化粧直しの《浅草駅》

2_2

 東武鉄道の浅草駅の外壁がきれいになった。昭和6年(1931)当時、浅草(浅草雷門駅)へ乗り入れをした頃の建築様式だそうだ。なかなかシックで落ち着きがあるものだ。

でもこれって《東京スカイツリー》開業のおまけなのだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《チーズ・トマトソース・ハンバーグ弁当》

 開業が近づく東京スカイツリーの下では、祝賀行事がおこなわれた。近隣のお神輿が繰り出した。オープン前のソラカラ・スカイツリーのお店もオープンしていた。この土曜日曜の18時まで、開くらしい。

Sky_3

 そのため、どこへ行っても満員で昼食が食べられない。そこでスカイツリータウンに新規開店のファミリーマートでお弁当。

Photo_3

Photo_4

チーズ・トマトソース・ハンバーグ弁当である。498円。温めてもらった。おいしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

居酒屋の中に《東京スカイツリー》

 東京スカイツリーの開業も間近である。居酒屋で見かけた焼酎に、東京スカイツリーの姿を見た。麦と芋、いずれもアサヒビールが販売している。

Photo

Sky

麦焼酎「一番札」

Photo_2

Sky_2

芋焼酎「薩摩こく紫」

開業したら味見をしてみようと思う。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地下鉄銀座線《新型車両1000系》にやっと出会った

1 2

 4月からデビューしていたメトロの銀座線、《新型車両1000系》にやっと会えた。なかなかすっきりした色合いだ。1927年開業当初は黄色のカラーであったそうだ

1000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

居酒屋の旬

近所の居酒屋「天紫亭(てんしてい)」(墨田区向島1-33-12)で、この季節の旬をいただく。東京スカイツリーの真前である。

Photo 

富山のホタルイカと北海道のホタテを刺身で。

ホタルはぬるっと食感がよい。

Photo_2 

アイナメ、サーモンとあじのタタキである。

アイナメは晩秋から春までの白身の魚で、脂がのっている。うまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《東京スカイツリー》入場券の本物

 522日開業前、先日おこなわれた旅行会社向けの《東京スカイツリー》内覧会。その時に使用されたチケットの本物である。天望デッキ(350m)とその上の天望回廊(450m)の2種類である。なお、偽造防止のため、番号は一部修正、バーコードは加工してあるので、無駄な努力はやめましょう。

Photo_7

Photo_8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《日光街道》徳川家慶、最後の将軍社参

 天保14年(1843)、最後の将軍社参が実施された。第12代徳川家慶(いえよし)である。天保の改革の最中でありながら幕府の威信を示すために使われた費用は、およそ18万両(1両=約6万円として、現代の感覚では約180億円)という。動員された供の数は、総勢18万人という膨大なものだった。この時の細かいスケジュールが、記録に残っている。

Photo 

412日申刻御供揃、亥刻先發はじまる。

1517時お供の者が揃い、2123時先発隊が出発し始めた)

Shakushouji

(錫杖寺:川口市観光物産協会提供)

Photo_2

(岩槻城址:さいたま市教育委員会提供)

413日家慶卯中刻大廣間車寄より乗輿。

(将軍家慶が午前6時、江戸城大広間の車寄せから輿に乗られた)

、川口宿錫杖寺

(昼食、川口宿の錫杖寺しゃくじょうじ)

・泊、岩槻城内、城主大岡主膳正忠固。

(宿泊:岩槻城、城主は大岡正忠)

Photo_3 

(幸手宿聖福寺)

414、幸手宿聖福寺。

(昼食、幸手宿の聖福寺しょうふくじ)

・泊、古河城内、城主土井大炊頭利位。

(宿泊:古河城、城主は土井利位どいとしつら)

Photo_4

(小金井宿慈眼寺)

1

(宇都宮城)

415、小金井宿慈眼寺。

(昼食、小金井宿の慈眼寺)

・泊、宇都宮城内、城主戸田日向守忠温。

(宿泊:宇都宮城、城主は戸田忠温とだただはる)

Photo_5

(大沢宿龍蔵寺)

416、大澤宿龍蔵寺。

(昼食、大沢宿の龍蔵寺)

泊、日光山御本坊

(宿泊:日光山本坊)

Photo_6 

417日家慶日光山東照宮、同家光廟参詣。

(将軍家慶、家康の命日に日光東照宮と家光の墓所・大猷院参詣)

 その後、418日午前5時~7時に行列は日光を出発。昼食を大沢宿の龍蔵寺でとり、宇都宮城に宿泊。19日、昼食を小金井宿の慈眼寺、古河城に宿泊。20日、昼食を幸手宿の聖福寺、岩槻城に宿泊。21日、川口宿の錫杖寺、夕刻、江戸城に帰館した。翌日には無事に旅を終えた祝いの席が施された。

 江戸から日光まで34日の行程である。(帰りも同様)社参の道は、御成街道(御成道)を経て、幸手宿で《日光街道》に合流するものであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和の中華食堂《生駒軒》浅草雷門

 このところ気にいって通っている浅草の《生駒軒》。またまた最新のベスト・ファイブである。

Photo

1位 昭和のラーメン

鶏ガラと煮干し等の典型的なスープ。いつでもほっとする味だ。

Photo_2

2位 カレーライス

大きな中華鍋でカレー粉に片栗粉でつくる。炒めた野菜の抜群な食感。隠し味はラーメン・スープである。

1

3位 スタミナ丼

言わずと知れたタレのうまさ。甘辛である。タマネギと豚肉が最高である。

Up 

4位 餃子

大き目で6個。ビールを注文したくなる。結構、ニンニクが効いている。

1_2 

5位 オムライス

日本の洋食の四番バッターだが、中味のチキンライスがうまい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

業平の居酒屋《多か将》でランチ

 東京は墨田区業平橋1丁目に最近オープンした居酒屋《多か将》。以前は「大将」という老舗の居酒屋で、よく通っていたものだ。

Photo 

 刺身定食(780円)を食べた。新鮮でうまい。なお、刺身は通りに面している姉妹店の《多か美》のご主人が運んで来た。聞けば、多か美の息子さんが《多か将》を経営している。刺身は、中トロ・サーモン・タコ・イカで、なかなかよいネタである。若い人にはボリュームのある「鶏の唐揚げ定食」の評判がよいらしい。

Up 

 ランチは、結構メニューが豊富。下町のモツ煮込み定食(630円)、大山鶏の唐揚げ定食(680円)、ミックスフライ定食(680円)、週替わり煮魚定食(680円)、週替わり中華定食(680円)で、いずれも小鉢、香の物、味噌汁、ごはんが付く。

 たぶん揚げ物が得意なのか、この他に、ソースヒレカツ丼(580円)、カレーライス(450円)、ヒレカツカレー(630円)、コロッケカレー(530円)、唐揚げカレー(580円)もあり、カレー類にはサラダ、香の物、味噌汁が付く。

Photo_2

Photo_3 

    居酒屋 多か将

    東京都墨田区業平1-13-5

    TEL:不明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇太子殿下が東京スカイツリーへ

皇太子様が、東京スカイツリーを見学された。たまたま会社前で夕方遭遇。黒塗りのセダンが、信号をストップして来た。お顔を拝見させていただきました。

あいにくの雨模様でしたが・・・。

0509skytree

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草は《三社祭》の準備体制?

Photo

 浅草の町内、商店に提灯が飾られるようになると、《三社祭》は近い。

Photo_2

 町内の通りには、提灯の集まりが通りにどーんと設置される。

2 

 518日(金)から20日(日)が楽しみである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《東京スカイツリー》開業まで2週間

 東京スカイツリーの開業まで、あと2週間。とりあえずGW中は、東武鉄道の株主さん、墨田区内の小中学生や老人会、自治会の役員さんたちの招待だったようで、毎日、何千人という方々が、スカイツリーにのぼっていた。

Tree

(花水木と東京スカイツリー)

 着々とお客様を迎える準備をしている東京スカイツリーと商業街区のソラマチ。とにかく都内最大級で310店舗が入る。楽しみだけど、駅が混むだろうな。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《浅草文化観光センター》と《東京スカイツリー》

Gw

 GWの浅草である。なんとも趣味の悪い《浅草文化観光センター》の前で、観光客のみなさんが、《東京スカイツリー》を撮影したり、眺めたり・・・大混雑。

Gw_2 

雷門前も久々に大勢の観光客の方々。

Photo_3 

 文化観光センターは、8階建て。8階の展望デッキからはスカイツリーも見えるそうだ。それにしても木で組んだような建物だが、どうもしっくりこない気がしてならないのは、私だけでしょうか。

Photo_4

(下の2枚は台東区提供のイメージ写真)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なぜ、そうまでして 乗らなきゃ いけないの?《東京メトロ》

 東京メトロの新作ポスター。締まりかけたドアを無理やり開けて、駆け込む人の姿だ。危ない危ない。

Photo_2   

なぜ、そうまでして 乗らなきゃ いけないの?

Why are you in such a hurry?

駆け込み乗車は危険ですので、おやめください。

Plese do not rush when trying to catch the train.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《冷やしたいやき 夏鯛》

1_3 

 全国にチェーンを展開する「薄皮たい焼き たい夢」の《冷やしたいやき 夏鯛》を食べた。(株式会社オーバン)

2_2 

鯛スイーツで「こしあんポイップ」である。はじめは凍っているので、室温で15分程待つ。手でもっていると体温でいい感じになる。なかなかうまい。

3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やるき茶屋の《海鮮丼》

1

 居酒屋「やるき茶屋」のランチ。海鮮丼、味噌汁や小鉢、漬物が付いて800円だ。甘エビ、タコ、イカ、マグロ、サーモン、ハマチ等のネタである。マグロは筋の部分だが、新鮮であることは間違いない。

2

 高望みしなければ、800円では仕方がない。まっ、おいしく食べられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《日光街道》宿場を歩く【鉢石宿】その2

 日光街道を歩く旅もいよいよゴールが見えてきた。「日光」の中心である。その前に少し日光の歴史を見直しておこう。

Photo 

 日光の歴史は、天平神護二年(766)、勝道上人が霊峰・男体山の登頂を志し、大谷川(だいやがわ)を渡って、現在の神橋の対岸に四本龍寺(しほんりゅうじ)を創建した時に始まるといわれている。

 山々の神々と仏が習合した独特の信仰(神仏習合)を築きつつ、次第に領地を有する寺社勢力の道を歩むこととなった。とくに鎌倉幕府の信仰を得るに至り、日光の地位は、関東における守護の聖地にまで高められたといわれ、日光の歴史の中でももっとも華やかな一時期を形成したといわれている。

 しかし、一千年にも及び築かれてきた信仰の聖地は、戦国領主たちの覇権争いに巻き込まれ、全国統一を成し遂げる戦国領主・豊臣秀吉による日光山の寺社領没収により、一気に疲弊の時を迎えた。

Photo_3   

 徳川初代将軍・家康の死後、その遺骸が日光に遷葬され、元和三年(1617)に東照宮に神(東照大権現)として祀られるにいたり、日光はそれまでの神仏習合の霊地に加え、徳川家の祖廟を祀る霊地として、江戸幕府の権威を支える重要な政治的地位をもつにいたった。そして、家康を祀る東照宮の社殿や仏閣は、三代・家光がおこなった寛永十三年(1636)の大造替により、現在見られる華麗で荘厳な造りとなった。

 日光への将軍家の社参や、諸大名、公家による参詣が頻繁におこなわれるようになると、江戸からの街道や宿場、門前町も必然的に整備され、さらに一般庶民の参詣の人気も高まり、日光は江戸時代を代表する聖地になった。

(参考:日光観光協会「日光郷土センター」掲示に一部加筆)

Photo_4 

 さて、日光・鉢石宿での昼食は名物で、やはり「そば」に決めた。

評判のよい「江戸っ子」に入り「舞茸天ざる」850円を食べる。

そばは、手打ちである。北海道ホロコナイの粉と地元のそば粉をブレンドしているそうだ。風味がよい。

Photo_5 

舞茸は、地元の福田農園のものだ。からっと揚がっている。観光地の食堂には違いないが、きちんとそばを打ち、調理して提供している。年配の女性と娘さんの接客も家庭的で気持がよい。

Photo_6 

■江戸っ子 (日光市中鉢石町916TEL0288-54-0293)湯葉料理、薬膳料理の店。 

■営業時間/11001500(不定休)

 さて日光東照宮への参道である日光街道もまもなく終点。神橋手前、古い建物の日光物産商会の先左側に板垣退助の像が建つ。日光金谷ホテルへ行く坂である。

Photo_7 

◆板垣退助像

 明治元年(1968429日、宇都宮から退却して日光山に陣を構える旧幕府軍と新政府軍が、今市付近で激突した。新政府軍のすさまじい砲火に、大鳥圭介率いる旧幕府軍は日光山内に退却。翌日、日光山の僧二人が新政府軍の大軍監・谷干城(たにたてき)を訪問し、「これ以上の戦を続ければ多くの犠牲者を出し、神廟東照宮も消失するでしょう。是非追撃を中止してもらいたい」と懇願した。谷は僧たちの申し出を了承し、新政府軍参謀・板垣退助の決断によって休戦となり、日光山は戦火を免れた。その後、旧幕府軍は会津に逃れて再決戦に臨む。(戊辰戦争のエピソード)

右側には、天海大僧正の像がある。

Photo_8 

◆天海大僧正像

天文五年(1536)~寛永二十年(1643)。比叡山や奈良の寺々に学び、各地で修行。関ヶ原戦後、徳川家康の知遇を得、比叡山の復興など宗教行政に参画した。家康の死に際して、導師を務め、神仏両道を融合した「東照大権現」を定め、久能山から日光山に改葬するなど功労が大きい。家康の死後は、秀忠、家光にも仕えた。上野に寛永寺を創設し、関東天台宗第一世となり徳川家廟所と定めるなど、江戸天台宗の祖として尊敬を集め、平安時代の天台の僧・良源とともに両大師としてまつられている。ところで天海は107歳まで生きたことになるが・・・。

 いよいよ日光街道のゴール地点、神橋に到着。何度も見てきたが、感慨はひとしおである。

Photo_9 

◆神橋

聖地日光の表玄関を飾るにふさわしい朱塗りに映える美しい神橋は、昔は「山菅の蛇橋」などと呼ばれていた。日光二荒山神社の建造物で国の重要文化財に指定され、平成1112月に世界遺産に登録された。

 橋の長さは28m、巾7.4m、高さ(水面より)10.6mあり、高欄には親柱10本を建て、それぞれに擬宝珠が飾られ、乳の木と橋板の裏は黒漆塗りで、その他は朱に塗られている。

 奈良時代の末に、神秘的な伝承によって架けられたこの橋は神聖な橋と尊ばれ、寛永十三年に現在のような神橋に造り替えられてから、もっぱら神事・将軍社参・勅使・幣帛供進使などが参向のときのみ使用され、一般の通行は下流に仮橋(日光橋)を架けて通行することとなった。

 昭和57年(1982)男体山頂鎮座1200年祭実施に際し、昭和48年(1973)よりその奉賛を目的として、広く一般に公開され、平成9年より今回の大修理がおこなわれた。山間の峡谷に用いられた「はね橋」の形式としては我が国唯一の古橋であり、日本三大奇橋(山口県錦帯橋、山梨県猿橋)の1つに数えられている。

Photo_10 

●神橋の伝説

 奈良時代の末、下野の人・勝道上人は、その伯父・大中臣諸清たちと、深く尊崇する霊峯二荒山(男体山)の登頂によって鎮護国家、人民利益のための大願をたてた。

 天平神護二年3月(766年)、勝道上人一行は大谷川にたどりつき川を渡ろうとしたが、大谷川の激流のため渡る方法がなく、困り果てていた。上人は一心に祈念を凝らすと、川の北岸にひとりの神人が現れた。その姿は夜叉のようで、身の丈一丈余、左手は腰にあんじ、右手に二匹の蛇をまき、上人に向かって「我は深沙大王(じんじゃだいおう)である。汝を彼の岸に渡すばし」といいながら手にもった蛇を放つと、赤と青二匹の蛇は、たちまち川の対岸とを結び、虹のように橋をつくり、背に山菅が生えたので、上人一行は早速この橋によって急流を渡ることができたという。ふり返って見ると、神人も蛇橋もすでに消え失せてしまっていたので、上人は合掌して、深沙大王の加護に感謝し。それ以来この橋を「山菅の蛇橋」と呼んだという。

(「神橋」の説明文より)

Photo_11 

◆星の宮 磐裂(いわさく)神社

神橋の手前、日光金谷ホテルへの坂の途中にある。勝道上人は、磐裂神(明星天子)のご加護を得て日光開山を完遂することができた。その神様への恩に報いるため、大同四年(809)創建したと伝わる。日光山最古の社。奈良時代から中世まで修験者の霊場として栄え、戦国武将のあつい尊崇も受けた。その後一時衰微したが、東照宮の鎮座に伴い再び徳川幕府の庇護を受け、社殿改修がおこなわれた。現在は東町と呼ばれる上中下鉢石町・御幸町・石屋町・松原町の鎮守である。

Photo_12 

◆深沙王堂(蛇王権現堂)

神橋前の日光橋を渡ると小さな祠(ほこら)がある。伝説「山菅の蛇橋」にあるように、勝道上人一行が大谷川(だいやがわ)を渡れないでいる時に、二匹の蛇を放って一行を助けた「深沙(じんじゃ)大王」を蛇王権現として祀っている。深沙大王は、毘沙門天の化身である。橋渡しの神という信仰から縁結び、蛇信仰から商売繁昌にご利益があるといわれる。

Photo_13 

◆太郎杉

神橋近くの老杉群の中で、この樹がもっとも大きく優れた姿であることから「太郎杉」と呼ばれている。樹齢は550年、樹高43m、目通り周囲5.75m。昭和30年代、道路拡張計画のため伐採の危機になる裁判で注目を集めた。

 日光二社一寺の玄関口、神橋たもとの国道120号の交通渋滞緩和や事故防止を目的に、「太郎杉」など老杉15本を伐採する道路拡張を国・県が計画。反対する東照宮は計画の取り消しを求めて昭和39(1964) 8月、宇都宮地裁に提訴。 9年間にわたる訴訟となり、東照宮の全面勝訴となった。「自然の価値」が司法の場で認められ、環境問題の「先駆的な裁判」と位置づけられている。

Photo_14 

◆日光杉並木寄進碑

書き下し文にすると、つぎのようになる。

下野国日光山山菅の橋(神橋)より、同国都賀郡小倉村(例幣使街道)、同国河内郡大沢村(日光街道)、同国同郡大桑村(会津西街道)に至る。二十余年を歴(へ)て、杉を路辺の左右ならびに山中、十余里に植え、以って東照宮に寄進し奉る。

慶安元年(1648)四月十七日 従五位下 松平右衛門大夫人源松平正綱

以上、日本橋からこの神橋まで、約三十五里十九町余でおよそ約140kmを踏破したことになる。歩き始めが9月であったので8ヶ月を要した。23回日帰りをした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »