« 《嘉永五年道中日記》を読む【その7】 | トップページ | 病みつきになる《祥龍房》の麻婆豆腐 »

なつかしい《三好弥》メンチカツとシューマイのランチ

Photo

 「昭和」の洋食屋、《三好弥(みよしや)》のランチである。今日は大好物のメンチとシューマイなのだ。もちろん、千切りのキャベツと自家製のマカロニサラダ、とうふの味噌汁に漬物だ。本当にうまいと思う。

Up


 こんなほっとする店、昭和の食堂は貴重な存在になった。年配のご夫婦と息子さんで営む店だ。いつまでも下町の味を残してほしい。

|

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その7】 | トップページ | 病みつきになる《祥龍房》の麻婆豆腐 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ここのメンチカツは 食べてみたいですね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2012年6月22日 (金) 22時21分

通りすがりさんrun
ここのメンチカツは、実においしいですよ。
近くに来たらぜひ、食べてみてください。

投稿: もりたたろべえ | 2012年6月25日 (月) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/55021667

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしい《三好弥》メンチカツとシューマイのランチ:

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その7】 | トップページ | 病みつきになる《祥龍房》の麻婆豆腐 »