« 《嘉永五年道中日記》を読む【その9】 | トップページ | 《嘉永五年道中日記》を読む【その10】 »

《生駒軒》浅草雷門の「タンメン」

Photo

 昭和の中華食堂、浅草の《生駒軒》(東京都台東区雷門1-12-103-3844-6853)でタンメンを食べた。

Up 

 具材はもやし、ニラ、キャベツ、ニンジンに豚肉と実にオーソドックスである。ちょうどいい塩梅の塩味だ。しかし《生駒軒》は、麺の量が多い。

 肉野菜をしっかりと炒め、麺の入った鶏ガラ等のスープ(塩味)に加える、日本の中華料理だ。《生駒軒》のタンメンは、間違いなくうまい。

|

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その9】 | トップページ | 《嘉永五年道中日記》を読む【その10】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

タンメンいいですね(^・^)

友人レストランでは 五目ラーメンが好きです(笑)

ところが 数えたら10種類! 「十目ラーメン」にしましょう!て叫びました(笑)

投稿: ikkun | 2012年6月28日 (木) 22時39分

ここ生駒軒のタンメン、間違いありません。
やっぱり「昭和の中華食堂」です!!noodle

投稿: もりたたろべえ | 2012年6月30日 (土) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/55070677

この記事へのトラックバック一覧です: 《生駒軒》浅草雷門の「タンメン」:

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その9】 | トップページ | 《嘉永五年道中日記》を読む【その10】 »