« 《嘉永五年道中日記》を読む【その10】 | トップページ | 《うにあられ》ぼんち株式会社 »

《築地すし鮮》浅草雷門店

 浅草でお客様と会合があり、《築地すし鮮》へ行く。このところ仕事がいそがしく、すし屋さんは久しぶり。「築地」と名乗るだけあって、ネタは新鮮でうまい。が・・・、店員さんの教育がお粗末そのものだ。

 注文をしても30分は品物が出てこない。ビールのグラスでさえ、なかなか持ってこない。2階を利用したが、混んでいるせいもあってか、調理場には洗い物が山になっており、お客が帰ってもテーブルが片付けられる気配もない。誠に残念な店だ。

Photo_2   

 「創作握り」は、ゆば、マグロとアボガド、イカ、サーモン・いくら、卵焼き。どれもネタが良くうまい。

Photo_3 

 巻物。梅しそ巻き、納豆巻き、ウニ巻き、ツナ巻き。細巻でうまい。

Photo_4 

 白身・光物。光物は、小肌、サバ、イワシ、アジと新鮮だ。

 すし屋の命、ネタが良いだけに従業員の教育がおろそかなのは、言語道断。24時間営業だけに、みんな疲れてしまっているようだ。

    築地すし鮮 浅草雷門店

    東京都台東区雷門2-16-9

    24時間営業、年中無休

|

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その10】 | トップページ | 《うにあられ》ぼんち株式会社 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

確かに 新鮮で 美味しい なら残念ですね(-_-;) しかさ24時間必要なのですかね?

投稿: ikkun | 2012年6月30日 (土) 16時38分

そうなんです。ネタは抜群で、一人3,000円位で飲んで食べて、寿司屋ですから。サービスが悪いのは致命的です。beerbeer

投稿: もりたたろべえ | 2012年6月30日 (土) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/55084365

この記事へのトラックバック一覧です: 《築地すし鮮》浅草雷門店:

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その10】 | トップページ | 《うにあられ》ぼんち株式会社 »