« 《GUGU CAFE》海老のトマトクリームスパゲティ | トップページ | 《豚珍館》@浅草のおいしい「つまみ」 »

《嘉永五年道中日記》を読む【その18】

◆八木宿(奈良県橿原市)→吉野(奈良県吉野郡吉野町)約19.4km

(八木宿から)この間に、うねび山(畝傍山)・天のかぐ山(天香具山)が左に見える。(このあたり奈良盆地の南部に、みみなしやま:耳成山を加えて、大和三山がある)

 ここにいつた村があり、にかわ(骨や皮を煮詰めて作る接着剤)を多く生産する所がある。

 阿辺文殊(安倍文殊院、奈良県桜井市阿部645、安倍山、華厳宗、本尊は文殊菩薩)へ一里。

 飛鳥へ一里。大神宮、これは六カ村の氏神(飛鳥坐神社:あすかにいますじんじゃ、奈良県高市郡明日香村大字飛鳥字神奈備708)である。80の末社がある。つり竿の竹がある。右左にえびす石がある。下には飛鳥井戸(飛鳥井)がある。

Photo

(橘寺:春日野奈良観光提供)

 立花寺(橘寺、奈良県高市郡明日香村大字橘、天台宗、正式には「仏頭山上宮皇院菩提寺」、本尊は聖徳太子・如意輪観音)へ八町。御朱印6石。ここは聖徳太子御誕生所である。寺の前に右近の橘、左近の桜がある。また七堂伽藍の跡がある。

Photo_2

(岡寺:大正楼提供)

 岡寺(奈良県高市郡明日香村806、真言宗豊山派。山号は東光山、寺号は龍蓋寺:りゅうがいじとも称する。本尊は如意輪観音。西国三十三箇所第7番札所)へ八町。御朱印30石。ここは西国七番の札所である。本堂前にるりの井戸がある。寺の入口左角に、くすりや源太郎という茶屋にて小休止。

 多武峰(とうのみね)へ五十町。ここは女人禁制であり、藤原鎌足公の建立である。東照大権現もあり、御朱印3千石、坊は36軒ある。十三重塔がある。そのほかにもお参りする所が多い。911日が御祭礼日である。それより8町ほど登り、四軒茶屋・松屋佐兵衛にて昼食、64文。

Photo_3

(談山神社:春日野奈良観光提供)

多武峰の談山神社(たんざんじんじゃ、奈良県桜井市多武峰319)は、明治初期の神仏分離以前は寺院であり、「多武峯妙楽寺」といった。当時は、女人禁制の地で、女性は入山できなかったそうだ。

神社の祭神は藤原鎌足(談山大明神・談山権現)。桜と紅葉の名所である。ここにある多武峰観光ホテルに宿泊したことがある。近くの吉野にちなみ「義経鍋」が名物である。

Photo_4

(多武峰観光ホテル)

 それより未の方(南西方向に)高取城が見える。酉の方(西方向に)大和路が広く見える。石高25千石、植村駿河守の御城下で高い山城である。

 瀧之畑へ一里半。この間に千又村(奈良県吉野郡吉野町千股)があり、ここに「しんこ」(すあま:菓子)の名物がある。ちまた峠がある。

 上市宿へ一里。ここに吉野川の渡し8文。左に妹背山がある。ここは天下の領分(天領)である。

 吉野へ一里。左側の旅籠・さこや平右衛門にて25日宿泊。宿泊代164文。

 ここ吉野は千本桜の名所である。

|

« 《GUGU CAFE》海老のトマトクリームスパゲティ | トップページ | 《豚珍館》@浅草のおいしい「つまみ」 »

江戸時代の旅」カテゴリの記事

コメント

すあま お隣長野県に行くと スーパーに置いてあります(笑) 新潟はやはりお米でおかきかなぁ〜てlevel違いますね(^^)

投稿: ikkun | 2012年8月14日 (火) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/55421276

この記事へのトラックバック一覧です: 《嘉永五年道中日記》を読む【その18】:

« 《GUGU CAFE》海老のトマトクリームスパゲティ | トップページ | 《豚珍館》@浅草のおいしい「つまみ」 »