« 《嘉永五年道中日記》を読む【その19】 | トップページ | 僕は、アステラスのくすり。 »

《下総屋》の中華そば

 東京スカイツリー近い《下総屋(しもうさや)》。下町の食堂である。タオルを頭に巻いたニッカポッカの職人さんや甚平姿のおじさんがやって来て、満員。

Photo 

 中華そばを注文。450円。海苔、ナルト、ワカメに小さな焼き豚。細麺である。スープがしょっぱいのは、職人の町だから仕方がない。昼間からビールが飲める店である。

Photo_2 

 おそらく30年も40年も前から同じ昭和の味である。ラーメンというより「中華そば」なのだ。こどもの頃、東京にはこんな店がたくさんあった。そして中華そばは、ご馳走だった。

    下総屋

    東京都墨田区吾妻橋3-2-9

    TEL03-3622-5355

    営業時間/平日 11002000 日曜 11001500 (定休日なし)

|

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その19】 | トップページ | 僕は、アステラスのくすり。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/55476014

この記事へのトラックバック一覧です: 《下総屋》の中華そば:

« 《嘉永五年道中日記》を読む【その19】 | トップページ | 僕は、アステラスのくすり。 »