« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その1】 | トップページ | 《岩手屋》のランチ »

《天紫亭》旬のつまみ

 《天紫亭(てんしてい)》、正式名称は「魚河岸料理居酒屋 天紫亭 向島店」(東京都墨田区向島1-33-12第二東武館1FTEL03-3626-2107)だそうだ。スカイツリーの真ん前のため、最近はお昼からよく混んでいる。

Photo 

 さて旬のつまみである。まずは、「カワハギの刺身」。秋から冬にかけて、肝臓に栄養を蓄えるため、キモもつけて刺身を食べる。甘みがある。

Photo_2 

 「カキフライ」。大きめである。いま時分はうまい。

Photo_3 

 「じゃがいも餅」。一年中あるが、これは好物だ。300円で食べられる。

Photo_4 

 「フライドポテト」と「ハムカツ」。なつかしいメニューである。

やはり、魚河岸料理居酒屋というだけあって、海産物は新鮮でうまい。もちろん揚げ物もうまい。生ビールが、いまいちなのが難点だが、サラリーマンたちの憩いの場である。

|

« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その1】 | トップページ | 《岩手屋》のランチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お 牡蛎フライこちらはまだまだですね

月半ばに出たオープンコンペ で牡蛎フライ定食 ご一緒した4人中 三名で食べました(^^) 近所の居酒屋さんで食べたいです

投稿: ikkun | 2012年10月22日 (月) 18時28分

カキフライ、うまいですよ。

投稿: もりたたろべえ | 2012年10月23日 (火) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/55948371

この記事へのトラックバック一覧です: 《天紫亭》旬のつまみ:

« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その1】 | トップページ | 《岩手屋》のランチ »