« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その7】 | トップページ | 《ぎょうざの満州》ラーメンとぎょうざ »

昭和の中華食堂《生駒軒》@浅草雷門で「五目炒飯」

Photo

 五目炒飯は普通の炒飯と具材が少し違う。見た目にはわからないが、上に「カニ缶」が載っていた。シイタケも入っていた。これで800円。(普通の炒飯は650円)

Photo_2 

 結論。普通の炒飯で十分にうまい。

|

« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その7】 | トップページ | 《ぎょうざの満州》ラーメンとぎょうざ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

えー(°∇°;)蟹缶ですか?

食べたいですね(笑)

投稿: ikkun | 2012年11月14日 (水) 18時32分

そう、カニ缶です。小さな缶詰そっくり入ってました。beer

投稿: もりたたろべえ | 2012年11月15日 (木) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56106289

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の中華食堂《生駒軒》@浅草雷門で「五目炒飯」:

« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その7】 | トップページ | 《ぎょうざの満州》ラーメンとぎょうざ »