« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その10】 | トップページ | 東京ソラマチ《浅草今半》「牛肉弁当」 »

《松本竣介》薄幸の画家

Photo_5
 ユニークな展覧会を開催することで知られる世田谷美術館で、松本竣介展が開催される。松本は1912年~ 1948年の生涯、36歳の若さで世を去った。心情的には同じ岩手の宮沢賢治に影響を受けたとされる。

 

Y

(Y

市の橋)

 どうにもならない世の中でもがきながら、決して鮮やかではない世界を描く。中には原色の赤を使った作品もあるが、ほとんどは茶色や灰色で描く。なんともうっ屈した人生であったようだ。

|

« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その10】 | トップページ | 東京ソラマチ《浅草今半》「牛肉弁当」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56169800

この記事へのトラックバック一覧です: 《松本竣介》薄幸の画家:

« 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その10】 | トップページ | 東京ソラマチ《浅草今半》「牛肉弁当」 »