« 消えた《東京スカイツリー》 | トップページ | 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その6】 »

《甘太楼》の「ラーメン半チャーハン」

 「ラーメン・半チャーハン」は、東京は神田の神保町にある「さぶちゃん」(住所:東京都千代田区神田神保町2-24、定休日:日曜・祝日、営業時間:11:3015:00 / 16:2019:00、席数:カウンターのみ7席)という。おそらく終戦後、おなかの空いた学生さん相手にこの店の主人が考案したようだ。私も行くことは行ったが、満員で入れなかった。

Photo 

 スカイツリーの近く《甘太楼》(東京都墨田区向島3-46-13)で、「ラーメン+半チャーハン」800円を食べた。ここは、満員のときもあるが、少しずらして行けば大丈夫。

Photo_2 

 《甘太楼》のラーメンもチャーハンも昭和の味である。決して特別ではない。ラーメンには、メンマ、ワカメ、チャーシューと鶉のタマゴが入っている、麺は細い。スープは鶏ガラベース。あくまでもなつかしいラーメンである。チャーハンも普通だ。細かく刻んだチャーシュー、ナルトにタマゴくらいしか入らない。こちらも、あくまでなつかしい。

|

« 消えた《東京スカイツリー》 | トップページ | 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その6】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56070000

この記事へのトラックバック一覧です: 《甘太楼》の「ラーメン半チャーハン」:

« 消えた《東京スカイツリー》 | トップページ | 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その6】 »