« TULLY’Sタリーズコーヒーの《アイリッシュラテ》 | トップページ | 東京スカイツリータウン・ソラマチ《Denny’s SOLAN》デニーズSOLAN店 »

《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その22】

21日京都(京都府京都市)→大津(滋賀県大津市)約12km

Bl

■(京都より)21日出発。荷物を大津へ回すべからず。

Navi

(下鴨神社 京都観光Navi

■下加茂明神(賀茂御祖神社:かもみおやじんじゃ、通称・下鴨神社、京都市左京区下鴨泉川町59)より二里。社は南向き。

■八瀬(京都市左京区八瀬)より四十町。坂屋半兵衛にて昼食、48文。ここに比叡山道がある。五十町登ると山城と近江の国境がある。

■釈迦堂(比叡山延暦寺西塔釈迦堂、滋賀県大津市比叡山)より五十町。このあたりにはお堂が多い。

■比叡山より□□□、宮様の坊 本堂は東向き。ご朱印は5千石。次に坂本山王廿一社(日吉大社、滋賀県大津市坂本5-1-1)がある。ほかに末社が多い。それより下って坂本の町に出る。それより水海(琵琶湖)の淵を通る。

■唐崎より一里。近江八景の内の一つ。ここに唐崎の松がある。枝の広さ周囲60間(約109m)、高さ15丈(45.5m)。松の下に唐崎大明神(唐崎神社、滋賀県大津市唐崎1-7-1)が酉戌(西北西)向きにある。

 

 唐崎の松は花よりおぼろにて 芭蕉

Photo

(唐崎神社の松 滋賀県観光情報)

 唐崎の松は、現在も残っている。残念ながら江戸時代の松ではないが、いまでも大きい。

Photo_2

(広重 唐崎夜雨)

 近江八景の一つ「唐崎夜雨 (からさき の やう)」は、唐崎神社である。

夜の雨に 音をゆづりて夕風を よそにそだてる唐崎の待つ

 

■東向きに三井寺(園城寺、滋賀県大津市園城寺町246)より十八町。

ここ(三井寺)も近江八景の内の一つ。奥の院は女人禁制で、ご朱印は5千石。西国札所である。弁慶の引きづり鐘がある。

Photo_3

(広重 三井晩鐘)

  近江八景の一つ「三井晩鐘 (みい の ばんしょう)」である。

思うその 暁ちぎるはじめとぞ まづきく三井の入あひの声

Photo_4

(三井寺 てら旅美人)

 三井寺(園城寺)は、天台寺門宗の総本山。本尊は弥勒菩薩で西国三十三箇所観音霊場の第14番札所である。

 また、近江八景の1つである「三井の晩鐘」でも知られる。

「三井寺」の通称は、この寺に涌く霊泉が天智・天武・持統の3代の天皇の産湯として使われたことから「御井」(みい)の寺と言われていたものが転じて三井寺となったという。

Photo_5

(弁慶引摺り鐘 てら旅美人)

 また弁慶の引づり鐘については、重要文化財として、その鐘が残っている。その昔、三井寺が比叡山と争ったとき、比叡の荒法師・武蔵坊弁慶が三井寺に攻め入り、この鐘を奪って比叡山の山上まで引き摺り上げてたたいてみると、「イノー、イノー」(関西弁で帰りたい)と響いたので、「そんなに三井寺へ帰りたいのか」と谷底へ投げ落したという。その時のものと思われる引き摺ったヒビがいまも残っているそうだ。

(霊鐘・弁慶の引摺り鐘 案内板より)

Grey

21日、大津より十八町。旅籠・ゑびや弥五郎に宿泊。宿泊代224文。

|

« TULLY’Sタリーズコーヒーの《アイリッシュラテ》 | トップページ | 東京スカイツリータウン・ソラマチ《Denny’s SOLAN》デニーズSOLAN店 »

江戸時代の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56352696

この記事へのトラックバック一覧です: 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その22】:

« TULLY’Sタリーズコーヒーの《アイリッシュラテ》 | トップページ | 東京スカイツリータウン・ソラマチ《Denny’s SOLAN》デニーズSOLAN店 »