« 昭和の中華食堂《生駒軒》@浅草雷門の「回鍋肉(ホイコーロー)」 | トップページ | 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その15】 »

浅草EKIMISE《離島キッチン》の「サザエカレー」

最近オープンした浅草駅の駅ビル(浅草EKIMISE 7階、「駅見世ごはん」の人気店《離島キッチン》で「サザエカレー」を食べた。毎日、島根県隠岐郡海士(あま)町から新鮮なサザエを空輸しているそうだ。

Photo

 サザエカレーは、この《離島キッチン》の第一弾のメニューで、固定の店舗ができる前は、キッチンカーで移動販売していた人気メニュー。島ではなかなか肉が手に入らないためサザエやアワビを入れてカレーを食べていたことから始まった。

Photo_2

  サザエカレー(1,380円)は、サザエの肝をバターで炒めた豊潤なコクと旨味が特徴。よく煮込んだカレーに、サザエ丸ごと2個分(7,8切れ)が入る。これはやわらかく、歯ごたえもありうまい。付け合せの野菜サラダにも島特産のアカモク(海藻)が入っていておいしい。福神漬とらっきょのほか、マンゴーの漬物・ホウレンソウ・さつまいもの副菜も付く。これは珍しい。

Up

  海士町は、日本海の島根半島沖合約60Kmに浮かぶ隠岐諸島の中の一つ中ノ島を「海士町」といい1島1町の小さな島。人口 2,581人、面積33.51k㎡の小さな島だ。対馬暖流の影響を受けた豊かな海と、豊富な湧水に恵まれ、自給自足のできる半農半漁の島。この海士町観光協会と東武食品サービス株式会社がコラボしてできたのが、浅草EKIMISEの店で、固定店舗としては初だそうだ。

Photo_3

メニューには、島のスルメイカ(シマメ)を肝醤油だれで漬けて、ごはんにのせた漁師飯(隠岐寒シマメ漬け丼1,260円)や海鮮漬丼1,480円、釜揚げしらす丼1,260円などもある。しかし店内が狭く(18席)、メニューが少ないため、ゆっくりおいしいものを食べるという雰囲気ではない。まるでオープンカフェのようだ。長続きすることを祈る。

Photo_4

■離島キッチン

■東京都台東区花川戸1-4-1 浅草EKIMISE7

TEL:03-6802-8077

■営業時間/11002130

|

« 昭和の中華食堂《生駒軒》@浅草雷門の「回鍋肉(ホイコーロー)」 | トップページ | 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その15】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この住所のお店 ヒルナンデスかな?紹介されてました

こちらの変わってきましたね?

投稿: ikkun | 2012年12月 1日 (土) 16時21分

テレビで紹介されたんですね。珍しいお店ですから。
しかし、サザエカレーはおいしいですよ、ほんとに。

投稿: もりたたろべえ | 2012年12月 1日 (土) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56228654

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草EKIMISE《離島キッチン》の「サザエカレー」:

« 昭和の中華食堂《生駒軒》@浅草雷門の「回鍋肉(ホイコーロー)」 | トップページ | 《安政四年伊勢参宮道中記》を読む【その15】 »