« 《東京スカイツリー》ソラカラちゃんの「お正月」 | トップページ | ソラマチタベテラス《一風堂》白丸とんこつラーメン »

昭和の中華食堂《生駒軒》@浅草雷門で目にした「ちょっといい話」

 先日、行きつけの《生駒軒》@浅草雷門での話である。閉店間際、常連さんと1杯やっていたら、40歳過ぎの男性が入ってきた。話によれば、タクシーの運転手をしていた父親が先頃、亡くなった。仕事の合間に《生駒軒》で、よく炒飯を食べていた。そしていつも夜食に大きな「おにぎり」を2個注文して持ち帰っていたそうだ。

Photo

(マスターとママさん:作HISAYOさん)

 中華料理店で「おにぎり」というのも妙だが、ここのママさんはこんな注文にも快く応じてくれていたそうだ。この息子さん、亡き父からきかされていた《生駒軒》を、はじめて訪ねてきたわけである。どんな店なのか、あの「おにぎり」を食べたい。

F21_

 (おにぎり イメージ)

 ママさんは、さっそく以前と同じように、海苔を巻き、梅干を入れた大きなおにぎりを2個つくってくれた。タクアンも数切れ入っている。値段はつけようがないが、父親のタクシー運転手さんが払っていたのと同じ、400円を息子さんは支払った。

 ひとしきり思い出話をした後、おにぎりを持って息子さんは帰っていった。仏壇にあげてから食べるという。私も急にこの特別注文の「おにぎり」が食べたくなり、無理につくっていただいた。大きくてやわらかい母の手料理のようで、無性においしかった。

《生駒軒》は、人情で商売をする店である。昭和の時代には、こんな店がたくさんあったものだ。だからいまでも、仕事帰りに立ち寄ってしまう。

    生駒軒 浅草雷門

    東京都台東区雷門1-12-1

    TEL0338446853

    営業時間/11302030(途中休憩あり、毎週水曜日定休)

|

« 《東京スカイツリー》ソラカラちゃんの「お正月」 | トップページ | ソラマチタベテラス《一風堂》白丸とんこつラーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

イチニカイしか行っていないわたくし!
でもその暖かさは沢山感じています!

素敵なお話ですね(^-^)

投稿: ikkun | 2013年1月13日 (日) 15時22分

どうぞまた行ってくださいね。おいしいですから。noodle

投稿: もりたたろべえ | 2013年1月15日 (火) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56516910

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の中華食堂《生駒軒》@浅草雷門で目にした「ちょっといい話」:

« 《東京スカイツリー》ソラカラちゃんの「お正月」 | トップページ | ソラマチタベテラス《一風堂》白丸とんこつラーメン »