« 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その3】 | トップページ | 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その4】 »

《ありあけ》の「九州ラーメン」はうまい。

東京スカイツリーに程近い《ありあけ》で「九州ラーメン」を食べた。さすがに九州出身のマスターだけあり、うまい。650円。

Photo 

 なんといっても白濁した豚骨スープに細麺。具材はメンマ、キクラゲ、万能ネギに焼豚である。やや味が濃いのだが、元気が出てくるスープであることは間違いない。

Up 

■長崎ちゃんぽん ありあけ

■東京都墨田区向島1-29-10

TEL0338290534

|

« 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その3】 | トップページ | 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その4】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ラーメンて云えば 最近の袋ラーメンは生に近い!といわれます しかし 「なんか体に悪い科学薬品?はいってるんじゃ?」なんて心配する料理人がいます

投稿: ikkun | 2013年2月13日 (水) 18時49分

確かに袋麺は、うまくなりました。実際に食べてみたらわかりますね。しかし化学物質が入っているのか、わかりませんね。
noodle

投稿: もりたたろべえ | 2013年2月14日 (木) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56752103

この記事へのトラックバック一覧です: 《ありあけ》の「九州ラーメン」はうまい。:

« 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その3】 | トップページ | 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その4】 »