« 東京ソラマチ《東京チャンプ》「和牛メンチカツカレー」 | トップページ | 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その2】 »

昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門の「広東メン」

 浅草雷門の《生駒軒》。広東メンを食べた。おいしかった。680円。

Photo 

具材はキャベツ、キクラゲ、タケノコ、ニンジン、長ネギ、シュリンプ(小エビ)、豚肉。餡かけなので、なかなか冷めない。冬向きである。スープのベースは醤油味。鶏がらで丹念にだしをとっている。おすすめの一品。

Up

野菜もたっぷり入っているのがうれしい。それにしても《生駒軒》は麺の量が多い。

|

« 東京ソラマチ《東京チャンプ》「和牛メンチカツカレー」 | トップページ | 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その2】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56723244

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門の「広東メン」:

« 東京ソラマチ《東京チャンプ》「和牛メンチカツカレー」 | トップページ | 《熈代勝覧》江戸時代、日本橋の店舗模様【その2】 »