« 《GUGU CAFE》ハンバーグのランチ | トップページ | 《東京スカイツリー》当日券は5時間以上待ち »

昭和のテレビ・ヒーロー《鉄人28号》

昭和30年代、《鉄人28号》は、アニメ・ヒーローだった。

いまでも主題歌は、口をついてくる。

28
ビルのまちに ガオー

夜のハイウエーに ガオー

ダダダダ ダーンと たまがくる

ババババ バーンと はれつする

ビューンと 飛んでく 鉄人28

 

手をにぎれ 正義の味方

たたきつぶせ 悪魔のてさき

敵に渡すな 大事なリモコン

鉄人 鉄人 はやくゆけ

ビューンと 飛んでく 鉄人28

 

1

2_2

 テレビ放映は昭和38年(1963)、フジテレビ系であり。江崎グリコの提供であった。もっと昔、昭和35年(1960)には実写版の「鉄人28号」が放送されていたそうだが、見た記憶がない。

Photo

3

 

 ストーリーだが、実は太平洋戦争中に日本陸軍が、秘密兵器として開発していた大型ロボットが、「鉄人28号」であった。これが戦後に現れ、主人公の金田正太郎少年(少年探偵)によってリモコンで操縦される。悪人や犯罪者や悪さをするロボットをやっつけるという設定だった。

 

5

 なんとなくわくわくする番組で、目が離せなかった。間違いなくアニメ・ヒーローだった。

|

« 《GUGU CAFE》ハンバーグのランチ | トップページ | 《東京スカイツリー》当日券は5時間以上待ち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/57069710

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のテレビ・ヒーロー《鉄人28号》:

« 《GUGU CAFE》ハンバーグのランチ | トップページ | 《東京スカイツリー》当日券は5時間以上待ち »