« 東京ソラマチ《宮武讃岐うどん》の「大江戸あさりうどん」 | トップページ | 花見で《東京スカイツリー》 »

昭和のテレビ・ヒーロー《ナショナルキッド》

 昭和30年代、《ナショナルキッド》はヒーローだった。

いまでも主題歌は、口をついてくる。

 

Nk1

Photo

 雲か 嵐か 雷光(いなずま)か

平和を愛する人のため

諸手(もろて)を高くさしのべて

宇宙に羽ばたく快男子 おゝ

その名はキッド ヘイ

ナショナルキッド

僕らのキッド キッド

ナショナルキッド

Nk2

 テレビ放映は、NET(いまのテレビ朝日)で昭和35年(1960)から36年(1961)だったらしい。まだまだ幼少の頃だったので、細かいストーリーは覚えていない。

Nk3

 電気メーカーのナショナル(松下電器、いまのパナソニック)が、こどもたちのために多額の予算を投じて制作した番組だそうだ。だからメーカーが違っていれば「日立キッド」か「東芝キッド」でもおかしくなかった。番組のオープニングで空を飛ぶナショナルキッドが、「ナショナル」の電飾塔を通り過ぎる場面が出てくるのも、タイアップのためである。

Nk5

 ナショナルキッドは、遠く離れたアンドロメダから地球防衛のためにやって来た。光線銃を使い、警視庁に協力して悪を懲らしめる。普通は宇宙研究所の所長であり、必要に応じてキッドに変身するのであった。

|

« 東京ソラマチ《宮武讃岐うどん》の「大江戸あさりうどん」 | トップページ | 花見で《東京スカイツリー》 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「ナショナルキッド」と同じようなコンセプトの作品としては、東芝提供の「光速エスパー」も存在しましたね。
現に「エスパー」は、東芝の“電動鉛筆削り”の商品名にもなりましたから。

投稿: んもえラド | 2015年4月25日 (土) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/56998378

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のテレビ・ヒーロー《ナショナルキッド》:

« 東京ソラマチ《宮武讃岐うどん》の「大江戸あさりうどん」 | トップページ | 花見で《東京スカイツリー》 »