« 東京ソラマチ《Calbee PLUS》揚げ立てのチップス | トップページ | ラーメン・ノスタルジー《珍々亭》@駒込 »

ラーメン・ノスタルジー《栄楽》@日暮里

 日暮里駅東口から徒歩2分、《栄楽》は、しっかりとある。店内は細長い。随分と愛想のよいおかみさんが迎えてくれた。一人なので遠慮がちに二人掛けの席にすわると、おかみさんが「広いからこちらにどうぞ」と、四人掛けのテーブルをすすめてくれる。それだけで気持のよい店である。年配のご夫婦で営む《栄楽》は、ご主人が調理場で、奥様が店内を取り仕切る。常連さんたちとのさりげない会話が弾む。たぶん何十年もこのスタイルを続けてきたのだろう。

Photo_7 Up_2

 看板メニューは「湯麺(タンメン)と餃子」らしいが、ここはラーメンを注文。ビールを頼むとザー菜の小皿が付いた。ラーメンは、ナルト・ワカメ・焼き豚・メンマに刻み長ネギというオーソドックスな具材である。あくまでも細麺。鶏ガラや野菜で丹念にとった出汁のしょうゆ味だ。ここにも昭和の味がある。520円。確かにうまい。

Photo_8 Photo_9 

 店内には近くに住む林家正蔵師匠の色紙が飾られている。聞けば正蔵師匠は、ちょくちょく顔を出すとのこと。人柄からか地元で愛される落語家である。

Photo_10

 そういえば大学生だった頃、日暮里を歩いていたら、住宅街のお菓子屋さんの前で偶然、先代・林家三平師匠にお会いしたことがある。ジャージ姿で瓶の牛乳を飲んでいた三平さんは、私を見て「若旦那、いいお天気ですね」と気さくに話しかけてくれた。息子である正蔵師匠も、きっといい人だろうと思う。

Photo_11 

    中華 栄楽

    東京都荒川区東日暮里6-60-10

    TEL03-3807-1530

|

« 東京ソラマチ《Calbee PLUS》揚げ立てのチップス | トップページ | ラーメン・ノスタルジー《珍々亭》@駒込 »

ラーメン・ノスタルジー」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん 久し振りです。正蔵さんと父三平さんの話が面白いですね。行ってみたくなりました。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2013年5月29日 (水) 23時20分

通りすがりさんrun
栄楽さんは、なかなかよい店です。ラーメンもうまいし、おかみさんも愛想がよいので、また行きたいですね。noodle

投稿: もりたたろべえ | 2013年5月30日 (木) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/57482291

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン・ノスタルジー《栄楽》@日暮里:

« 東京ソラマチ《Calbee PLUS》揚げ立てのチップス | トップページ | ラーメン・ノスタルジー《珍々亭》@駒込 »