« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の20件の記事

《としまえんプール》としプー!

いろいろ話題の多い《としまえんプール》の広告。最近では「冷し温水」、「プールでやく(みつる)」、「ミゲル泳ゲル」などだ。

001

 今年は、往年のスター「田原俊彦」を起用した。真っ赤な衣装で華麗に踊る姿である。

Photo 

 いつまでも青春である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《誕生日》でした

 行きつけの「昭和の中華料理店」に顔を出したら、マスターをはじめ、常連さんたちがいて、私の誕生日を祝っていただいた。

001 

なぜか、近所のやきとり屋さんから出前が届き、

002 

近所のおばちゃんは、高級寿司を差し入れ、

004 

常連さんは、急遽、ショートケーキを買いに走っていただいた。

中華料理は一口も食べなかった。生駒軒浅草雷門である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

《プーシキン美術館展》

 7月から横浜美術館で開催される《プーシキン美術館展》が話題だ。「フランスにはない、フランス最高傑作」が出展されるそうだ。

Photo 

 プーシキン美術館はロシアにあるので簡単には見に行けない。メインはルノアールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」(1877)で、ゴッホの作品もある。ルノアールには珍しく現代タッチで描かれた作品である。色彩も妙に明るい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《小梅のやぶそば》で「冷し小エビおろしそば」

近所の《小梅のやぶそば》(東京都墨田区向島3-45-15TEL03-3622-6495)で珍しい「冷し小エビおろしそば」を食べた。

Photo 

 小エビの天ぷらがいくつか散りばめてある。真ん中にはナルトと大根おろし。夏のそばである。840円。しかし量があまりにも少ない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《ニューラフォール》ボリューム満点のランチ

 墨田区吾妻橋3-7-4 ライオンズマンション1Fの《ニューラフォール》の日替りランチがすごい。今回は「メンチカツ・唐揚げ・カニクリームコロッケ」。大盛りのキャベツと味噌汁付き。もちろんライスも大盛で800円。

1 

 メンチカツがやたらと大きい。わらじのようだ。唐揚げは4個もある。たっぷりと食べ応えがある。おなかが苦しい。

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《カフェ ルアナ》で「ドライスパゲティ」

墨田区向島のハワイ、《カフェ ルアナ》でランチ。(東京都墨田区向島1-26-7 メゾン ド コウメ 1F、TEL03-3621-3988

「ドライスパゲティ」を食べた。ドライカレーのごはんがパスタになっている。

Photo 

 やっぱりライスが合うと思う。ドリンク付きで800円。《カフェ ルアナ》は、やっぱりロコモコやスパム・プレートがおいしい。

Up

| | コメント (2) | トラックバック (1)

《66DINING(六本木六丁目食堂)》浅草EKIMISE店でハンバーグ

66

 浅草駅のEKIMISE7階で人気のレストラン、《66DINING(六本木六丁目食堂)》へ行く。「昔懐かしハイカラ食堂」という看板のとおり、レトロな昭和の洋食屋さんである。どうやら本店は、六本木ヒルズにあるらしい。

66_2 

 お店のショーウィンドーには、おいしそうなサンプルが並び食欲をそそる。まるで一昔前のデパートの食堂のようで、思わずうれしくなる。

66_3 

 店内には蓄音機のディスプレイや昭和初期のポスター(右から書かれたカルピスや赤玉ポートワインなど)が飾られている。要するに、店自体は新しいのだが「レトロ」が売りなのである。

もちろんメニューも「懐かしい」洋食ばかり。定番のハンバーグステーキ(1,100円)、熟成ハヤシソースのオムライス(1,000円)、昭和のハヤシライス(1,100円)、ビーフカレー(1,100円)、エビフライ(1,350円)、ミックスフライ(1,400円)、海老マカロニグラタン(1,100円)、長崎洋食トルコライス(1,350円~1,450円)などだ。もちろんお子様ランチもある。

66_4 

 迷ったが、「ハンバーグステーキ和風おろしソース」を食べた。やや小さめのハンバーグの上には、大葉を敷き大根おろしがたっぷり載る。しょう油ベースのソースには、刻んだ玉ねぎが入る。やわらかくておいしい。付け合せは焼いた茄子のほか、大きいポテト、にんじん、いんげんである。1,100円。ライス・パンは200円。これはうまい。実に丁寧につくっている感じだ。接客マナーもすばらしい。

66up

    66DINIG 六本木六丁目食堂 浅草EKIMISE

    東京都台東区花川戸1-4-1 EKIMISE7

    TEL03-5826-6625

    営業時間/11002200(ラストオーダー2130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剛力彩芽プロデュース《ジョア ピーチ》

Photo

 ヤクルトのジョアに新商品登場。剛力彩芽(ごうりきあやめ)プロデュースの《ジョア ピーチ》である。飲んでみたら桃の味がする。

Photo_2 

 なんで彼女なのか、よくわからない。そもそもジョアは、おなかにやさしいので好きだ。剛力さんは元気そうで笑顔がよい。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《RRW》で恒例のピザランチ

 東京ソラマチの《RRW》で恒例のグループ・ピザ・ランチである。今回は4人で3種類のピザに挑戦。ちなみに1名はパスタ。

※RRWは、RIGILETTO ROTISSERIE AND WINE(リゴレット ロティサリー アンド ワイン)の店名。(東京都墨田区押上1-1-2

Photo_2

Photo_3   

本日は地域ブランド「船橋にんじん」のスープ。甘くておいしい。サラダはすりおろしたリンゴのドレッシングでさっぱりしている。

Rrw 

 今週のピザは「メランツァーネ」。イタリア語で茄子の意味である。このなすとオリープのトマトソースである。食感がよいが、なすは焼くと小さくなるようだ。

Rrw_2 

 「マイス」である。コーンの甘みとロースハムの塩味がチーズに合う。さっぱりしたピザでうまい。

Rrw_3 

 「クアトロ・フロマッジオ」である。4種類のチーズといった意味だ。火を通すとなめらかになるデンマークのマリボーチーズ。歯ごたえがありフレッシュなイタリアのモツアレラチーズ。イタリアのクリーミーでオレンジ色のタレッジオ(チーズ)。そしてイタリアを代表するアオカビのブルーチーズ、ゴルゴンゾーラ。こんな4種のチーズのみのピザだ。うまいがチーズがしつこいので2切れしか食べられなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そばやで一杯《十割そば むさし》

 たまにはそばやで飲むのもよい。東京スカイツリーに程近い《十割そば むさし》である。居酒屋より少々高めだが、たまにはよい。(東京都墨田区押上2-2-1

Photo 

 そばやはタマゴ焼きがうまい。

Photo_2 

 そばやは天ぷら盛合せもうまい。

Photo_3 

 生ビールの後は、お決まりのそば焼酎「雲海」の「そば湯割り」に限る。

Photo_4 

 もちろん最後に締めでもりそばを食べることもできる。夜は静かでよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《華麗なるカレー》本格的なインドカレーの店、発見※閉店※

Photo

 東京スカイツリーに程近い押上に、《華麗なるカレー》という妙に味のある店が最近オープンした。本格的なインドカレーの店である。オーナーの高松さんにうかがうと、店の名前は「あんまり考えずに洒落で」つけたそうだ。

 また「華麗なるカレー 業平橋総本店」と看板があるが、これはオーナーの自信のあらわれで、とくに支店はないそうだ。二種類のカレーが楽しめる「あいがけカレー」が、どうやらおすすめのようだ。

 そこで「チキンカレーとキーマカーレー」あいがけ980円を注文。小盛・中盛も同じ値段なので中盛にする。とくに挽肉のキーマがおいしい。様々な香辛料が使われ、さわやかに辛い。チキンもよく煮込まれている。もう少し辛くてもよい。

温泉タマゴ付き。

 考えてみれば世の中にはいろいろなカレーがある。おかあさんがつくるじゃがいもやタマネギ、にんじんなど、大きな野菜がゴロゴロしているカレー。フォンドゥボーのしゃれた欧風カレー。おそば屋さんの片栗粉が入った甘めのカレー。ラーメンのスープが隠し味の中華料理店のカレー。そして本格的なインドカレーである。これはもう、まさに国民食といえる。

    華麗なるカレー

    東京都墨田区押上2-5-4

    TEL03-5610-9520

    営業時間/11302100

※閉店※

Photo_4 

Up

Photo_3 

Photo_2 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

《東京タンメン トナリ》@上野アトレ店

Photo_5

 人気の《東京タンメン トナリ》へ行く。最近、上野駅(アトレ)にオープンした「タンメン」の店で都内には数店舗あるようだ。「食べログ」などでも高評価の店なので行ってみた。

Photo_3

 フライパンで炒めた野菜。太い平麺。胡椒の効いた濃い目の塩味。なんと具材は、キャベツ、白菜 、玉ねぎ、にんじん、ニラ、小松菜、もやし、とうもろこし、しょうが、豚肉、ゲソ、かまぼこと豊富である。なんと成人一人一日あたりの必要野菜摂取量350gの野菜を使用しているそうだ。この野菜の量はジロー系のラーメン屋さんにも負けない。

シキシャキの野菜だ。720円。

Up

 しかし個人的には、タンメンは細麺が好きだ。この店の固茹での太麺は、どうもしっくりこない。好みの問題だから「どうのこうの」いっても仕方がないが、ここの東京タンメンは、若い人向きで年配者にはボリュームがあり過ぎ、かなりきつい。なぜ、スープに大量の「しょうが」を入れるのか。決してまずくはない。それにしてもこんなに野菜はいらない。水準以上の味なのだが、おそらくもう行かないだろうと思う。

Photo_4

■東京タンメン トナリ アトレ上野店

■東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野 1FJR山手線「上野駅」直結)

■営業時間/11:0024:00

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《GUGU CAFE》週替りランチは「野菜たっぷり赤カレー」

Gugu

 しばらく空梅雨で暑かったが、やっと小雨。台風の影響らしい。東京スカイツリー近くの隠れ家《GUGU CAFE》へ、また行ってしまった。(東京都墨田区向島1-26-8TEL03-6751-8602

Gugu_3 

 今週のランチは「野菜たっぷり赤カレー」である。トマト、赤唐辛子、パプリカなどの香辛料が効いている。細かく刻んだにんじんやジャガイモ、ジャイアントコーンなど野菜はたっぷりだ。なかなかやさしい味である。それほど辛くはない。いつもの野菜サラダとポテトサラダが付く。

Gugu_4 

 今日のプチデザートは、紅茶のシフォンケーキに生クリーム。もちろん1ドリンクも付いて850円。週替りのランチだから、週に一度は必ず行きたくなるから不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《RRW》でまたまたピザランチ「釜揚げシラス」ピザは激うま!!

 東京ソラマチの《RRW》で、恒例のピザランチである。数名で行けばシェアできておもしろい。《RRW》は、RIGILETTO ROTISSERIE AND WINE(リゴレット ロティサリー アンド ワイン)という長い店名である。(東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 2FTEL:03-5809-7401

Photo

 今回は「チチネッリ」、つまりシラスのピザである。塩味がうまい。激的にうまい。中身は釜揚げシラス、青唐辛子、ブロッコリにマリーボーチーズとモッツアレラチーズ。

Photo_2 

 おまけは「タコとオリーブ」のピザ。こちらはトマトソースでベーシックな味である。

Photo_3 Photo_4 

 ピザランチは、小さなスープ(焼きなすのポタージュ)、野菜サラダ、1ドリンクと好みのピザで1,200円。いつもながらボリュームに圧倒される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《言問やぶ》手打ちそば

 東京スカイツリーも間近の水戸街道、牛嶋神社前あたりの向島1丁目のおそば屋さんである。その名も《言問(こととい)やぶ》。

Photo 

 小さな店である。お昼を少し過ぎた時間に入ったら、そばがなくなってしまったのでこれからすぐに打つからしばらく待ってほしいといわれた。待つこと10分。打ち立て・茹で立てである。「冷やし梅しそそば」を食べた。780円。

Photo_2 

 山盛りの鰹節、刻み海苔、大葉(しそ)、梅肉が載る。さっぱりしている。そばも風味がたっぷりでコシもある。これはなかなかうまい。正直なところ、「やぶ」と名のつく店は、確かにそばうまく、ツユもからいが、量が少なく高いのが普通だ。しかしここ言問やぶは、良心的。結構食べ応えがあった。また行きたい。

Up 

    手打ちそば 言問やぶ

    東京都墨田区向島1-11-1

    TEL03-3622-8704

    木曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (1)

《GUGU CAFE》「おろしポン酢ハンバーグ」のランチ

 東京スカイツリーに程近い、隠れ家《GUGU CAFE》の今週のランチは、「おろしポン酢ハンバーグ」である。(東京都墨田区向島1-26-8TEL:03-6751-8602

Photo Photo_4

野菜サラダ、ポテトサラダ、1ドリンク、プチデザート付きで850円。家庭で若奥さんがつくってくれる食事のようで、やさしくうまい。

Photo_2 

デザートはオレンジゼリー。自然の甘さである。パティシエがつくるデザートは、いつも量はちょっぴりだが、秀逸だ。

Photo_3

最近、雑誌『Hanako』のカフェ特集にも掲載され、人気上昇中の《GUGU CAFE》である。おすすめのお店。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《ちっちゃいおっさん》に会いたかった

 先日の東京スカイツリー開業1周年で全国から「ゆるキャラ」が集まったが、どうしても《ちっちゃいおっさん》に会いたかった。兵庫県尼崎からわざわざ来ていたらしい。友人がFBにアップしていたので掲載することにした。

(チエちゃん、ごめんなさい)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《祥龍房》夏の冷麺

Photo

 本所吾妻橋の《祥龍房》に夏の冷麺シリーズが登場。(東京都墨田区吾妻橋2-2-8TEL03-3625-1978)さっぱりしているように見える「塩梅(あんばい)冷麺」を注文した。

Photo_2

 「塩梅」は中国料理でも昔から味付けに重要な塩と梅(酢)である。日本語でも塩梅は、「いい塩梅だね」といったように、ちょうどよい味加減の意味に使われる。ここ祥龍房の塩梅冷麺は、麺の上に海苔と大根の千切りが載る。小海老も入る。味付けは、まさに塩と梅酢に油が少々だ。だからさっぱりしている。なかなか暑い日には合う。結構大盛で780円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ソラマチ《RRW》でピザを食べた!

 東京スカイツリータウン・東京ソラマチの《RRW》で、はじめてピザのランチに挑戦した。RRWつまりRIGILETTO ROTISSERIE AND WINE(リゴレット ロティサリー アンド ワイン)である。(東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 2FTEL:03-5809-7401

Photo_2   

 ランチは、ピザのほか、小さなスープ(冷たいトマトスープ)、野菜サラダ(イタリアンドレッシング)、ドリンクが付く。ピザは10インチの大きさでボリュームありすぎ。これで1,200円はお徳である。

Photo_3 

 今週のピザは「フンギ」。きのこのピザである。これはおいしい。

Photo_4 

 同僚はトマトソースの「マルゲリータ」を注文。本格的な味でおいしい。

Rrw 

 若い人なら一人前を平らげることは可能だろうが、飽きてしまうので数人で行き、シェアしたらよいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《三好弥》ランチ「白身魚フライとオムレツ」

 東京スカイツリーに近い下町の洋食屋《三好弥》である。店の前で見上げるとスカイツリーが見える。(東京都墨田区業平1-12-3 TEL03-3626-3448)この店は日替わりのランチも充実している。

Photo

 この日は「白身魚フライとオムレツ」である。もちろん、ごはん、味噌汁、漬物がついて700円。普通にうまい。しかしライスの量が半端ではないので、大食漢ではない人や女性は半ライスがおすすめだ。(半ライスだと50円引き)

Up

 この種の下町の洋食屋さんが少なくなった。私はこの店のメンチカツのファンだが、週に1回は食べたくなって通っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »