« 《カフェ ショパン》で「デェットカレー」 | トップページ | ありあけで »

町の洋食屋さん《三好弥》でハンバーグ定食

 《三好弥》でハンバーグを食べた。久しぶり。定食で700円。何度も紹介したが、この店はメンチカツやアジフライなどの揚げ物やオムライスが、本当にうまい。下町の洋食屋さんだ。(東京都墨田区業平1-12-3

Photo

 年配のご夫婦と息子さんで営む。なかなかのコンビネーションで好感がもてる。

東京スカイツリーが近くにできて、お客さんが少し増えたそうだが、おかげで休みがなくなったそうだ。総じて地元の商店にスカイツリー効果はほとんどない。

Up

 さてハンバーグは特別な味ではない。挽肉を手で固めて、さっと焼き特製のデミグラスソースがかかっている。やわらかくやさしい味わいといえる。しかし何度通っても飽きのこないメニューがよい。定食のお皿に載るキャベツの千切りと自家製マカロニサラダ、糠漬のお新香、豆腐のみそ汁。どうしてもこの下町のほっとする雰囲気が病みつきである。

 

 

|

« 《カフェ ショパン》で「デェットカレー」 | トップページ | ありあけで »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/57894511

この記事へのトラックバック一覧です: 町の洋食屋さん《三好弥》でハンバーグ定食:

« 《カフェ ショパン》で「デェットカレー」 | トップページ | ありあけで »