« 《国宝興福寺仏頭展》 | トップページ | 《三好弥》で「ハンバーグ、コロッケ」 »

《生駒軒》浅草雷門で白菜の「タンメン」

 昭和の中華食堂《生駒軒》浅草雷門(東京都台東区雷門1-12-1)で、いつもはキャベツ主体だが、特別に白菜が主役の「タンメン」をつくっていただいた。

1_2 

 各種野菜を炒めて鶏がらスープを入れた塩味。普段はキャベツやもやしなどが主だが、甘みのある新鮮な白菜を常連さんが持ち込み、実現した「タンメン」である。やはりおいしい。これで630円。

2_2

|

« 《国宝興福寺仏頭展》 | トップページ | 《三好弥》で「ハンバーグ、コロッケ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たんたん麺 いいですね〜 しかも白菜? うまいな(^-^)

ラーメンだけだと罪悪感が(笑) 野菜タップリいいですね

投稿: ikkun | 2013年8月23日 (金) 22時21分

ikkunbeer
コメントありがとうございます。
「たんたん麺」じゃなくて「タンメン」ですね。
野菜たっぷりで塩味がいいですね。
ただ生駒軒は麺の量が多いので、スープまで飲み干して完食するのは大変です。noodle

投稿: もりたたろべえ | 2013年8月24日 (土) 11時15分

あ 頭の中は タンメンでした(^_^;)

投稿: ikkun | 2013年8月25日 (日) 10時00分

生駒軒浅草雷門の「タンメン」もおすすめですね。
noodle

投稿: もりたたろべえ | 2013年8月26日 (月) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/58041885

この記事へのトラックバック一覧です: 《生駒軒》浅草雷門で白菜の「タンメン」:

« 《国宝興福寺仏頭展》 | トップページ | 《三好弥》で「ハンバーグ、コロッケ」 »