« 《GUGU CAFE》で「ハンバーグ デミグラスソース」 | トップページ | 海鮮居酒屋《はなの舞》本所吾妻橋店でランチ »

《天津飯店》で「酢豚」セット

Photo_2 

 浅草EKIMISE7階の《天津飯店》である。月から金までの日替りセットがある。この日は「酢豚」である。

1

 酢豚は豚肉に衣をつけて揚げ、タマネギやピーマンと共に炒め、甘すっぱいソースの味付け。なかなかうまい。このセットには、ライス、シュウマイ、野菜サラダ、杏仁豆腐が付く。1,200円。

Up 

 ところで英語圏では、酢豚をスウィート・アンド・サワー・ポーク(Sweet and Sour Pork)という。アメリカやカナダでは、スウィート・アンド・サワー・ソース(Sweet and Sour Sauce)も市販されていて、素揚げした豚肉にこれをかけて食べるそうだ。

 ハワイに駐在していた時、クヒオ通りの「チャイナガーデン」でよく酢豚を食べた。パイナップルが入っていた。アメリカでも酢豚はポピュラーな中国料理である。

 アメリカのサイトで「酢豚」のレシピを調べてみた。

日本と違って「片栗粉」ではなく「コーンスターチ」を使う。

どちらもデンプンだが、片栗粉はじゃがいも、コーンスターチはトウモロコシからつくる。前者は料理の温度が低下すると、ねばりけがなくなるので温かいうちに食べる必要がある。後者は温度が下がっても粘度は低下しにくいそうだ。

Serves 4 to 6

Ingredients:

3/4 pound pork tenderloin

2 - 3 teaspoons soy sauce

Pinch of cornstarch

■材料:4人から6人前 3/4ポンド(約340g)の豚肉ヒレ、醤油小さじ23杯、コーンスターチ一つまみ

Sauce:

1/4 cup sugar

2 tablespoons ketchup

2 tablespoons dark soy sauce

1/4 teaspoon salt

1/2 cup water or reserved pineapple juice

1/4 cup vinegar

1 tablespoon cornstarch dissolved in 4 tablespoons water

■ソース:砂糖1/4カップ、ケチャップ大さじ2、塩小さじ1/4、水1/2カップ、酢1/4カップ、水溶きコーンスターチ大さじ1

Batter:

1/3 cup flour

1/3 cup cornstarch

1 egg white, lightly beaten

1 tablespoon vegetable oil

1/3 cup warm water, as needed

■衣用生地:小麦粉1/3カップ、コーンスターチ1/3カップ、タマゴの白身、植物油大さじ1、必要に応じて水1/3カップ

Other:

1 carrot

1/2 red bell pepper

1/2 green bell pepper

1/2 cup pineapple chunks

3 cups oil for deep-frying, or as needed

■そのほかの材料は、にんじん1本、赤ピーマン(パプリカ)半分やピーマン半分、パイナップルなど。

Preparation:

Directions for sweet and sour pork

Cut the pork into 1-inch cubes. Marinate in the soy sauce and cornstarch for 20 minutes.

■下ごしらえ:

豚肉は1インチ角(ひとくち大)に切る。20分ほど、醤油とコーンスターチにつけ込む。

To prepare the sauce, in a small bowl, combine the sugar, ketchup, dark soy sauce, salt, water or juice and vinegar. Set aside. In a separate bowl, dissolve the cornstarch in the water. Set aside.

■ソースの準備:

小さなボールに砂糖、ケチャップ、濃口醤油、塩、水またはジュースと酢を入れてかき混ぜる。別のボールに水溶きコーンスターチをつくっておく。

Peel the carrot and chop on the diagonal into 1-inch pieces. Cut the bell peppers in half, remove the seeds and cut into cubes.

■にんじんの皮をむき、1インチ角に切る。ピーマンを半分に切り種を取る。

Heat the oil for deep--frying to 375 degrees Fahrenheit.

鍋(フライパン)に油を入れ熱する。華氏375度(摂氏約190.5度)にする。

For the batter, combine the flour and cornstarch. Stir in the egg white and vegetable oil. Add as much of the warm water as is needed to form a thick batter that is neither too dry nor too moist. (The batter should not be runny, but should drop off the back of a spoon).

■衣用の生地は、小麦粉とコーンスターチを混ぜてつくる。タマゴの白身や植物油を入れ、必要ならお湯を注ぐ。かたすぎずやわらかすぎず、スプーンの背に乗るくらいの固さに。

Dip the marinated pork cubes in the batter. Deep-fry in batches, taking care not to overcrowd the wok. Deep-fry the pork until it is golden brown. Remove and drain on paper towels.

■豚肉を衣に浸す。豚肉は、こげないように黄金茶色になるまで揚げ、紙タオルで油をふき取る。

(If desired you can deep-fry the pork at second time to make it extra crispy. Make sure the oil is back up to 375 before you begin deep-frying again).

豚肉をカリカリにするには二度、油で揚げる。油の温度は華氏375度(摂氏約190.5度)を守る。

To prepare the sweet and sour sauce, bring the sauce ingredients to a boil in a small saucepan over medium heat. Add the carrot, green pepper, and pineapple. Bring to a boil again and thicken with cornstarch mixture, stirring. Check the sauce one more time and adjust seasonings, adding salt and/or vinegar if desired. Serve hot over the deep-fried pork. Serve the sweet and sour pork over rice.

■フライパンを中火にかけ、材料を炒める。にんじん、ピーマンそしてパイナップルなどを加える。水溶きコーンスターチをいれ、とろみをつける。味見をして足らなければ、調味料の塩や酢を入れる。ライスの上にかけて召し上がれ。

 日本でつくるのとほとんど同じだった。

|

« 《GUGU CAFE》で「ハンバーグ デミグラスソース」 | トップページ | 海鮮居酒屋《はなの舞》本所吾妻橋店でランチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

やはり日本人には 小麦粉が合っているのですかね?

投稿: ikkun | 2013年10月26日 (土) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/58451703

この記事へのトラックバック一覧です: 《天津飯店》で「酢豚」セット:

« 《GUGU CAFE》で「ハンバーグ デミグラスソース」 | トップページ | 海鮮居酒屋《はなの舞》本所吾妻橋店でランチ »