« 久々に《キッチン 菜根譚》で「しめじとツナのパスタ」 | トップページ | 《アジアン食堂》浅草 »

《パラッツオ サングスト》でパスタ「タリアテッレ」

1021 

 ランチで「タリアテッレ」を食べた。豚バラ肉、松の実ソースにグラナパダーノチーズがかかっている。このパスタはおもしろい形である。平打ちパスタで、きしめんに似ている。バターとオリーブ油が、松の実と豚バラ肉に合う。ここに固めの「グラナパダーノチーズ」の削った粉がかかる。塩味だ。

Photo 

 「タリアテッレ」(Tagliatelle)は、北部イタリアのエミリア(ロマーニャ州、Romagna)の東側のアドリア海に面した地方でよく食べられているパスタの一種。平たいリボン状のもので幅は510mm程。タリアテッレは、「切る」という意味のイタリア語「tagliare」。おもに北イタリアでの名称で、中部・南部では、同じような平麺「フェットチーネ」がある。

1021_2

 グラナパダーノチーズは、ハードタイプで、イタリアの中部から北部が産地。牛乳を原料とする超硬質のチーズである。「グラナ」は「粒」と言う意味があり、「パダーノ」はアルプス山脈からアドリア海に注ぐポー河流域の平野を意味する。このチーズの外観は皮が厚く、茶褐色で硬いのが特徴だそうだ。

1021_3

 Bランチは、いつものようにパスタ(またはピッツア)、野菜サラダ、デザート(紅茶のシフォンケーキ)、1ドリンク付きで1,200円。《パラッツオ サングスト》(東京都墨田区業平1-21-7TEL03-6658-4111)は、飽きないメニューである。

|

« 久々に《キッチン 菜根譚》で「しめじとツナのパスタ」 | トップページ | 《アジアン食堂》浅草 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/58426921

この記事へのトラックバック一覧です: 《パラッツオ サングスト》でパスタ「タリアテッレ」:

« 久々に《キッチン 菜根譚》で「しめじとツナのパスタ」 | トップページ | 《アジアン食堂》浅草 »