« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の26件の記事

ご挨拶

入院中の母が亡くなりました。
しばらくブログは休載します。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

メリークリスマス

クリスマス。ショートケーキが八個のクリスマスケーキ。

Photo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《祥龍房》で「牡蠣と豆腐の土鍋」

001  

 本所吾妻橋の中国料理《祥龍房》(東京都墨田区吾妻橋2-2-8 1F、 TEL: 03-3625-1978)で、「牡蠣と豆腐の土鍋」のランチ。

002 

 牡蠣、豆腐、キクラゲ、椎茸、青菜、フクロダケ、にんじんなどが入り、土鍋で熱々である。塩味だ。まさに冬にぴったりでライス、小鉢(もやし炒め)、スープ、杏仁豆腐で780円。これはうまい。しかし熱い。

003

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最近《生駒軒》浅草雷門で食べたもの

Photo 

 やっぱり炒飯。スープもうまい。

Photo_2 

 餃子。焼酎の麦茶割りに合う。

Photo_3 

 焼肉ライス。これが一番のおすすめ。

001 

 みそラーメン。冬場はこれに限る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《GUGU CAFE》の「ビーフカレー」

東京スカイツリーにも近い隠れ家《GUGU CAFE》である。(東京都墨田区向島1-26-8TEL03-6751-8602

Gugu1 

 ビーフカレー(900円)を食べた。よく煮込まれていて牛肉がやわらかくておいしい。野菜もとけている。もう少し辛い方がいいけれど、万人向けの味。

Gugu

 1ドリンクとプチ・デザートは、200円。今日はガトーショコラだった。さすがに元パティシエである。小さくても本格的なケーキだ。

Gugu_2 

 この《GUGU CAFE》は、4人掛け1卓、2人掛け2卓のテーブルしかない。合わせて8人しか入れない。おまけにあまり商売気がないようだ。最近、女性向け雑誌のスイーツ特集等にも取り上げられ、若い女性が増えた。なんでもケーキセット680円が人気らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草からの風景《東京スカイツリー》ほか

 朝の浅草。ゲートホテル雷門の屋上テラスからのさわやかな風景である。

Gate_hotel_001_4 

 冬の富士山が見える。

Gate_hotel_003_2

 すっきりと東京スカイツリー。黄金に輝くアサヒビール本社ビル。

Gate_hotel_004_2

 浅草寺。五重塔と本堂が見える。

 浅草からの風景にほっとする。今日も1日、よい日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《三好弥》のサービスランチ

下町の洋食屋《三好弥》(東京都墨田区業平1-12-3TEL03-3626-3448)である。サービスランチは、「鶏のからあげとシューマイ」。

001

 からあげが6個とシューマイ3個。キャベツ、マカロニサラダ付き。味噌汁、お新香にライスで700円(小ライス650円)である。いつものように必ず、洋からし(マスタード)が添えられているのがうれしい。昭和なのである。

002 

 結構、おなかいっぱいになる。年配のご夫婦と息子さんで営む、昭和の、下町の洋食屋。間違いなく常連になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「塩ラーメン」うまし!《ぎょうざの満州》

001_2 

 埼玉県南部を中心に営業展開する《ぎょうざの満州》。12月限定の「塩ラーメン」がうまい。

002_3

 ワカメ、ナルト、メンマ、チャーシュー、長ネギの具材。澄んだスープには、沖縄産の「シママース」とアサリスープが使われている。これで390円とは安い。餃子とセットでも550円。庶民の味方である。

 かなり塩の感じもするが、あっさりしていておいしい。シママースは海洋塩で、ミネラル分が豊富。なんとなく体によさそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《東京メトロ》銀座線のドア

Photo

 いつのまにかクリスマス・ムードである。この時期、たくさんのサンタも乗っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《ケーラッシュ》のランチBセット再び三たび

004

 ケーラッシュ(INDIAN & NEPALI RESTAURANT KAILASH 東京都墨田区業平1-21-4TEL03-5608-8386)でランチ。

Bセットで2種類のカレーを選べる。今週のカレーは「チキンとほうれん草」。これに「シーフード」をチョイス。野菜サラダ、大きなナン、ライス、1ドリンク(ラッシー)で950円。

001 

 辛さは3で大辛。チキンはやわらかくうまい。ほうれん草との相性もよい。シーフードカレーには、シュリンプ、あさり、イカなどが入る。よく煮込まれていて食べやすい。

002

 ナンは小麦粉を使い、自然発酵させた生地を、へら型にのばして「タンドゥール」という窯の内壁に貼り付けて焼いたものだ。さくっとしていて食感もよい。ほぼ40cmもある大きなナンは、お替りできる。

003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の朝《朝焼け》

001 

 日の出は午前640分過ぎ。凛とした冷たい空気の冬の朝である。さすがに寒い。東の空が朝焼けである。

002 

 入学試験の朝、結婚式の朝、葬式の朝、死刑執行の朝そして普通の朝。朝は万人に平等にやって来る。

 これから始まる1日が、その人にとってどんな1日になるのか。憂鬱なときもある。なんとなく気が重いときもある。わくわく楽しいときもある。なんとかなるさと、気力を振り絞るときもある。もちろん、あたり前の日常もある。あれこれ考えても仕方がない。1日のスタートである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生駒軒》浅草雷門の「もやし炒め」

 昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門である。(東京都台東区雷門1-12-1TEL03-3844-6853

ビールのつまみに「もやし炒め」(550円)を注文。

Photo

 考えてみれば、もやし炒めはシンプルな料理である。ここ生駒軒では、もやしのほか、にんじんとニラが少々入っているだけだ。調理場を見ていると、湯通ししたもやしやにんじんを強火でさっと炒めるだけ。(ラーメン用の)スープを少し入れ、塩コショウで味つける。これだけなのに、シャキシャキしておいしい。

 ほとんど95%が水分の「もやし」であるが、栄養素はたくさん含まれているそうだ。まずビタミンC。血管を強化して鉄分の吸収を促進する。動脈硬化やカゼを予防する効果がある。それからアスパラギン(酸)で、疲労回復やスタミナをつける効果がある。血圧を下げる効果のカリウムも含まれている。おまけに食物繊維も多く、便秘や糖尿病などの生活習慣病を予防・改善する働きがある。なるほど安くても、もやしは馬鹿にできないわけだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《キッチン 菜根譚》でビーフシチュー

 東京スカイツリーにも近い《菜根譚》(東京都墨田区向島1-24-12弥生ビル1F TEL 03-3621-3057)で、ランチ。「ビーフシチュー定食」とはうれしい。

001 

 主役のビーフシチューだが、やわらかい牛肉、玉ネギ、じゃがいも、エノキ、にんじん、いんげんが入る。赤ワインの香りも残る。コクがあっておいしい。野菜サラダと漬物、食後のコーヒー付きで1,000円である。

002

 牛肉も大きい。肉をやわらかく煮込むには、事前にヨーグルトやキウイ、パイナップルなどと、1時間程度漬け込むとよいと、きいたことがある。23cm角に切った肉は、強火で表面に焼き色をつける。肉の臭みを消し、風味を増す赤ワインと共に煮込む。野菜も煮崩れせず、やわらかい。これは下ごしらえに時間がかかる料理だ。手間をかけた分おいしい。

003

 いつもいつも《菜根譚》の料理は、母の手料理のようにやさしいやさしい味である。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《プラットホーム事故0運動》

 JRや私鉄、メトロのポスターである。

Photo 

 お酒を飲みすぎた日は、気をつけて。

「歩きスマホ」も危険です。

ホームで起こる人身障害事故のうち63.5%がお酒に酔ったお客さまです。

プラットホーム事故0(ゼロ)運動 鉄道23社局合同キャンペーン

と、いうわけで忘年会など、とかく飲み会が増えるシーズン。酔っ払いには駅のホームは危ない。私も気をつけようと思う。

それから「歩きスマホ」だが、最近よく見かける。ついついゆっくり歩くことになり、道をふさぐ。ぶつかる。迷惑な話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《生駒軒》浅草雷門の「ワンタン」と兄弟や親戚

001 

 昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門の「ワンタン」である。つるっとした感覚がたまらない、おすすめの一品である。530円。

002_2   

 もちろんワンタンは自家製。挽肉と野菜の餡である。ラーメンと同じスープなのでうまい。

Photo 

この兄弟分に「ワンタン麺」(630円)がある。食べ応え十分だ。ラーメンにワンタンが入る正統派である。麺の分量が多いので結構、おなかいっぱいになる。

Photo_2 

 この親戚筋に「カレーワンタン」(630円)がある。普通のワンタンの上にカレーがのっている。(実は隠れメニュー)ごはんを別に注文するとよい。

 ラーメンだと少し物足りないという場合は、ワンタン麺。少しライスが食べたいという場合は、カレーワンタンに小ライス。そんな風に自分で決めている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都の紅葉《東福寺》や《勧修寺》

Photo

 1124日の京都である。東福寺の通天橋は、おそらく紅葉の人気ナンバー・ワンのスポット。テレビの中継も出ていた。ものすごい人出だ。

1

2 

 東福寺は臨済宗の大本山。本堂と開山堂を結ぶ「通天橋」から見る下の渓谷の紅葉がすばらしい。しかし前へ進めない。紅葉を写真撮影しようと思えば、必ず人の頭が入ってしまう。

1_2

2_2

 山科の勧修寺(かじゅうじ)。こちらは真言宗山階派の大本山。境内に入ると、もみじの赤が、目にしみる。ちょうど目の高さに植えられた紅葉である。こちらも混んではいたが、通天橋ほどではない。結構穴場である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《RRW》で久々にパスタランチ

Rrw_004_2

 東京スカイツリータウン・ソラマチ2階の《RRW》である。

RRWは、店名でRIGILETTO ROTISSERIE AND WINE(リゴレット ロティサリー アンド ワイン)の略。(東京都墨田区押上1-1-2)とにかく店員さんの元気がよい。

Rrw_001

 パスタランチで「4種のトマトのアラビアータ」である。にんじんのポタージュスープ、野菜サラダに1ドリンク付きで1,000円。手頃なところだ。にんじんの甘みがありスープもうまい。サラダも新鮮だ。

Rrw_002

 イタリア料理で、唐辛子を利かせたトマトソースのことをアラビアータ (イタリア語: all'arrabbiata) という。オリーブオイル、ニンニクで調理され、ピリ辛である。

アラビアータ(arrabbiata)は、イタリア語で「怒り」という意味。辛くて食べると、怒っているような顔になることからこう呼ばれるそうだ。

Rrw_003 

 RRWのお皿は、深いので意外にパスタも量がある。パスタの麺は、中太の「リングイーネ(Linguine)」。ロングパスタの種類で「小さな舌」という意味。細いスパゲッティを平たく押しつぶした形で、幅は5mmほど。ソースがからみやすく、もちっとした食感である。なかなかうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《東京スカイツリー》「クリスマス」イルミネーション

 東京スカイツリーの夜景は、いまクリスマス・バージョンである。

Photo 

 浅草から見ると、あまりきれいではないが、

Photo_2

 スカイツリーの真下から見ると、美しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

《キッチン 菜根譚》「ほうれん草とベーコンのパスタ」

東京スカイツリーにも近い《菜根譚》(東京都墨田区向島1-24-12弥生ビル1FTEL 03-3621-3057)で「ほうれん草とベーコンのパスタ」を食す。(クリームかトマトでソースを選べるが)トマトソースでおねがいした。

1205_002 

 たっぷりのほうれん草とベーコンが入っている。いつもながらやさしい味である。野菜サラダとコーヒー付きで880円。

1205_001 

 菜根譚は、「生パスタ」である。いわゆる乾燥させた麺とは食感が違う。食べてみるとシコシコする。生パスタは、乾麺とは違って、出来上がってから数日間、熟成するそうだ。だからどうしても長期保存が必要な場合は、冷凍保存にして熟成を止める必要がある。ゆで方も芯を残すようなアルデンテではなく、芯を残さずじっくりゆでた方がおいしい。そうすれば、コシの強さとモチモチ感が出る。好みの問題だが、普通のパスタの方がソースと絡みやすいような気はする。

1205_003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《GUGU CAFE》の「ハンバーグ和風おろしソース」

東京スカイツリーにも近い隠れ家《GUGU CAFE》である。(東京都墨田区向島1-26-8TEL03-6751-8602

Gugu 

 週替りのランチは、久々に「ハンバーグ和風おろしソース」。ハンバーグの上に大根おろしがのっている。別にしょう油ベースの甘辛ソース。

Guguup 

 いつものように、ライスにレタスサラダ、ポテトサラダ添えのワン・プレートである。なかなかおいしい。

Gugucf 

 コーヒー(紅茶)とプチ・デザートが付いて850円。デザートは、ミニチーズケーキ。小さいが、しっかりしたチーズケーキだ。もっと食べたくなる。

Guguc

| | コメント (0) | トラックバック (1)

《生駒軒》浅草雷門で「中華丼」

昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門(東京都台東区雷門1-12-1TEL03-3844-6853)である。今宵は「中華丼」を食べた。

001

鍋に油を引いて豚肉、キャベツ、タケノコ、にんじん、ピーマン、キクラゲ、長ネギ、シュリンプを炒める。店によっては、エビやイカなどの魚介類やうずら卵を加えることもあるが、生駒軒では入らない。

 そしてスープを入れ、軽く煮込む。水溶き片栗粉をたらしてとろみをつける。味を調整してごはんの上にのせる。出来上がり。

002

 中華丼といいながら日本で生まれた料理だそうだ。元々は料理人の賄い飯だったようだ。650円。値段も手頃である。生駒軒では、白菜や玉ねぎは入れない。それでもうまい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都の紅葉《永観堂》ラッシュの人混み

4 《永観堂》は「もみじの永観堂」ともいわれる。浄土宗西山禅林寺派の総本山で、永観堂禅林寺が正式名称。

1

 訪れたのは1123日、連休である。まさに紅葉は見頃であったが、地下鉄蹴上駅からも長い人の列。境内は人とすれ違うのも大変なくらいのラッシュである。さすがにきれいだ。

2

 赤があり黄色があり、まだ緑の葉もある。有名な「みかえり阿弥陀」も拝観させていただいた。意外と小さな仏様だ。しかし、人気の紅葉スポットだけあり、こんなに混んでいるのに大型バスもどんどん進入し、団体客を吐き出していく。

3

 やっぱり平日の朝、静かなときに来るべき場所である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋《なりひら》忘年会のつまみ

 早々と忘年会。スカイツリーに近い《なりひら》(東京都墨田区業平1-18-9TEL03-3624-8910)である。

001 

 まず、お通しに「おから」。続いて「刺身」。新鮮だ。

002 

焼き鳥。ネギマととり。なかなかいい味。

003

海老しんじょう。

004

金目鯛の煮付け。これはうまい。

005

鶏の唐揚げ。これもうまい。

 このほか、じゃこのおにぎりとなぜかチョコレートムース。

締めて4,500円の会費である。もちろんビールや焼酎もたらふく飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《生駒軒》浅草雷門で「タンタンメン」初挑戦

002  

 行きつけの昭和の中華料理店、生駒軒浅草雷門で、はじめて「タンタンメン」を注文。(東京都台東区雷門1-12-1TEL03-3844-6853

001 

 ここのタンタンメンは、挽肉、長ネギに溶きタマゴが入る。もちろん豆板醤が効いているが、それほど辛くはない。七味唐辛子を入れてみたら、少し辛さが増した。680円。

003 

なるほどうまい。溶きタマゴが入るものは、はじめて食べたが、辛さをうまい具合に中和させるようだ。小さなライスも頼んでみた。これもよい。やがてうっすらと額に汗がにじむ。寒い冬には体が温まるので最適である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《池袋駅東口》夜景

通勤途中の池袋駅東口の夜景。この時期は癒される。

001 

それにしても夜でも人が多い街である。

002

12月はクリスマス。みんな幸せに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

《東京スカイツリー》の半年

 スカイツリーの今年6月から11月まで、半年間である。

Skytrees_001_2 Skytrees_002

 6月の2点。

Skytrees_003 Skytrees_004 Skytrees_005 Skytrees_006 Skytrees_007 Skytrees_008_2 Skytrees_009

 7月の7点。

Skytrees_010 Skytrees_011

 8月の2点。忙しかったのであまり撮らなかった。

Skytrees_012 Skytrees_013 Skytrees_014

 9月の夜景3点。

Skytrees_015 Skytrees_016 Skytrees_017 Skytrees_018

 9月の4点。

Skytrees_020 Skytrees_021

 10月の2点。

Skytrees_022 Skytrees_023 Skytrees_024 Skytrees_025 Skytrees_026 Skytrees_027 

 11月の6点。

 強風や台風のため、エレベーターがストップして営業中止になることも結構あった。

スカイツリーの真下で仕事をしているが、ツリーは季節と共に表情を変える。やはりおすすめは、冬の夜景である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »