« 京都の紅葉《永観堂》ラッシュの人混み | トップページ | 《GUGU CAFE》の「ハンバーグ和風おろしソース」 »

《生駒軒》浅草雷門で「中華丼」

昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門(東京都台東区雷門1-12-1TEL03-3844-6853)である。今宵は「中華丼」を食べた。

001

鍋に油を引いて豚肉、キャベツ、タケノコ、にんじん、ピーマン、キクラゲ、長ネギ、シュリンプを炒める。店によっては、エビやイカなどの魚介類やうずら卵を加えることもあるが、生駒軒では入らない。

 そしてスープを入れ、軽く煮込む。水溶き片栗粉をたらしてとろみをつける。味を調整してごはんの上にのせる。出来上がり。

002

 中華丼といいながら日本で生まれた料理だそうだ。元々は料理人の賄い飯だったようだ。650円。値段も手頃である。生駒軒では、白菜や玉ねぎは入れない。それでもうまい。

|

« 京都の紅葉《永観堂》ラッシュの人混み | トップページ | 《GUGU CAFE》の「ハンバーグ和風おろしソース」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

そこはやはり こだわり ですかね? 美味そう

投稿: ikkun | 2013年12月 7日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/58706924

この記事へのトラックバック一覧です: 《生駒軒》浅草雷門で「中華丼」:

« 京都の紅葉《永観堂》ラッシュの人混み | トップページ | 《GUGU CAFE》の「ハンバーグ和風おろしソース」 »