« 《キッチン 菜根譚》でビーフシチュー | トップページ | 冬の朝《朝焼け》 »

生駒軒》浅草雷門の「もやし炒め」

 昭和の中華料理店《生駒軒》浅草雷門である。(東京都台東区雷門1-12-1TEL03-3844-6853

ビールのつまみに「もやし炒め」(550円)を注文。

Photo

 考えてみれば、もやし炒めはシンプルな料理である。ここ生駒軒では、もやしのほか、にんじんとニラが少々入っているだけだ。調理場を見ていると、湯通ししたもやしやにんじんを強火でさっと炒めるだけ。(ラーメン用の)スープを少し入れ、塩コショウで味つける。これだけなのに、シャキシャキしておいしい。

 ほとんど95%が水分の「もやし」であるが、栄養素はたくさん含まれているそうだ。まずビタミンC。血管を強化して鉄分の吸収を促進する。動脈硬化やカゼを予防する効果がある。それからアスパラギン(酸)で、疲労回復やスタミナをつける効果がある。血圧を下げる効果のカリウムも含まれている。おまけに食物繊維も多く、便秘や糖尿病などの生活習慣病を予防・改善する働きがある。なるほど安くても、もやしは馬鹿にできないわけだ。

|

« 《キッチン 菜根譚》でビーフシチュー | トップページ | 冬の朝《朝焼け》 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

そう云われると(笑)
200×2茹でて 毎朝一口づつやってました(^-^)

投稿: ikkun | 2013年12月15日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/58754090

この記事へのトラックバック一覧です: 生駒軒》浅草雷門の「もやし炒め」:

« 《キッチン 菜根譚》でビーフシチュー | トップページ | 冬の朝《朝焼け》 »